【大学受験】早稲田大学 法学部 過去問<世界史>2017


I 中国史の各時代・各王朝の特徴に関して述べたA~Dの文を読み,設問1~9について解答をつ
選び、その記号をマーク解答用私の所定欄にマークしなさい。
A 後漢王朝は2世紀末の責目の乱を機に権威が失墜し,各地に群雄が割拠して, 漢蔵亡の大きな要園となった。そ
の中から曹博は黄身の乱を討って台頭し,袁紹らを破って華北を統一した。しかし赤壁の戦いで高箱・劉備の連合軍 に敗れ, 江南への進出ははばまれた。その後、曹操は新王朝建設の準備を着々とすすめ,手の曹手は後漢の龍帝の報 議をうけ、路情を器として蓄錠についた。劉備はその正統性を否定し,(あ)で帝位につき,篠催も建業で帝位に ついたので、中華世界に三人の息策が並び立つことになった。
設問1 三国時代(前後を含む)の難史に関して,不適切な記述はどれか。
0 曹操は兵力の確保・軍報の確給のため, 屯田調を興し,占田・課田法を実施した。 (2) 普が漢を奪う直前に始めた瓦品中正は,皆族調の成立に重要な役割をはたした。 0罰は三国のなかで最も小さく、承組諸葛亮の没後、鏡によって滅ぼされた。
西費の武帝によって呉が滅ぼされ, 中国は統一され、三国時代は終焉となった。
設問2 空樹(あ)に入る最も適切な語はどれか。
B 鮮の支配システムは、律令制を基礎とし、組庫霊詞・対舗・府兵制を有機的に組み合わせたものであるが, 3世 紀前半になると満れはじめ、安史の乱前後に崩壊する。その過程で門閥貴族は後退し、新興地主層が台頭し、気代に なるとこれを官僚の母体として君主独裁体制が構築される。このような変化は文化面にもあらわれ,古文復興運動が はじまり、信教の警書の書解親へ波及していった。このような大きな変化を「唐宋変革」という。
設問3 下線部に関して、不適切な記述はどれか。
1 乱の前,玄宗の信任をえた安績は、東北辺の3節度使を兼ねていた。 (2) 乱中より節度使が内地にも置かれ、強大化したので 藤鎮とよばれた。 3 乱後,順兵制が廃止され, 横浜制度の寒兵制に切り替えられた。 3 乱後、宰相帯読によって両観法が施行され,宋・元・明に受け継がれた。
設問1 下線部に関して述べた文の中で、不適切な記造はどれか。
0 韓慮は結教をたっとび, 教・道教を排撃した。 2 常慮は同時代の柳宗元と共に古文の復興者とされる。 (3) 朱学は南宋の未来によって大成され、資良知を特色とする。 4) 朱蒙は四書を重んじたが、問書とは 大学・中・論語』・『孟子』を指す。
C 中国を支配した王朝の中で、とくに北方民族が建国した中国風の王朝を, ドイツ出身のアメリカのある学者は「征 服王朝」と呼び,達, , 光, 青がこれに当たるとした。その特徴として、次のような諸点が指摘されている。その 国家は北アジアと中国の一部、または全部を支配し、その社会は遊覧・狩魔的社会と農耕社会との複合である。その ため,その統治体割る二元的になる」また彼らは中国文化を取り入れると共に,その固有文化と融合させようとした。 文学の創作はその一築である。

 


設問5 進(奨野)に関して述べた文の中で、不適切な記述はどれか。
10世紀初めに糖が滅亡し、事律園保機は契丹講族を統合して建国した。 2)「溜端の眼は鑑・朱属国がこれを守らなかったので、その後も競争がつづいた。 (3) 官制において, 部族割に基づく北面官, 別幌別に基づく南面官の区別を設けた。 3) キタイの名は中臨の代名詞としてヨーロッパまで伝わった。
設問6 (女真)に関して述べた文の中で、不適切な記述はどれか。
太組同骨打は金を建国し,盛装・講克制を測定した。
金は北楽を滅ぼした後、楽識・達可の報を国境に定め, 厳索と和議を結んだ。 (3) 女真文字を制定しで民族の国粋文化の保存につとめたが、むしろ中国文化の影響を牽く受けた。
チンギス=ハンは金を識まして率先を領有し、カラメルムに帯を建設した。
設問7 開平府で即位し,い)に遷都したアビラは,個号を大光とし、習会を滅ぼして中国統一を完成した。空
闇(いに入る最も適切な語はどれか。
D いわゆる「康郷・乾隆時代」とよばれる約130年態は,清の最盛期である。この時期にその領土は東アジアの大半 におよんだ。その統治において,普は漢人に対して異民族支配に対する反感を抱かせないように配慮しつつ、懐柔策 と威圧策をあわせ行った。満漢併用店, 撮学の振興, 大規模な報盤事業などは前者に属する。文学の霊, 禁書などは 後者に属し,反清的言論はきびしく禁じられた。『四庫全書の墓事業も,反清的な書籍を製し、禁書に指定す る政治的役割があった。
設問3 下部・の時代の出来事に含まれないものはどれか。
1 三藩の乱や部氏台湾を平定して,蓄の統治の基礎を固めた。 (2) ジュンガルを滅ぼし,東トルキスタン全域を征服して,これを「新しい領土」「新魔)と称した。 (3) イギリスからマカートニーが貿易関係の改善を求めてやってきたが, その交渉は失敗した。 ) 鉄差大臣に任じられな林則徐は,応束でアヘンの没収・廃棄を強行し,それはイギリスにアヘン戦争の実 を与える結果となった。
設問9 青が創始した文字として落州文字が知られるが,民族文字に関する以下の説明の中で、不適切なものはどれか。
D 満州文字ヌルハチの命により,蒙用語を表記するため,モンゴル文字を基本として作られた。 (2) 西夏文字はタンダート語を表記するため西夏で作られ, 漢字の影響をうけている。 (3) 突破文字は,北方遊牧民の最初期の文字とされ,主に碑文に用いられ,また岩壁などに剥まれた。 (4) 出産の建国者ソンツェン ガンボの命で, 中国の漢字を導入してチベット文字が作られた。

 


I 次の文章を読み、以下の問いに答えなさい。解答はマーク解答用紙の所定欄にマークしなさい。
イタリア半島の南西に位置するシチリア島は,交通の要衝の地であり,また穀物の生産地でもあったため、古代から さまざまな民族の支配を受けてきた。先史時代には移住してきたシカノス人, シダ イ人が居住していたが、海上交易 で音躍したフェニキア人がクレタ文明、ミケーネ文明の衰退を機に、離中海貿易を独占するようになり, シチリアの店 部に拠点を形成した。次いで、紀元前8~前7世紀には, ギリシア人が本格的に地中海に進出して各地に植民市を形成 したが, シチリア内では最大の植民申a |を建設した。シチリアは、古代ギリシア文化の重要な一翼を想うように なり、ペロポネソス戦争時にはポリス間の抗争に巻き込まれた。その後, ヘレニズム期に入ると,フェニキア人の植民

 


市であるオルタゴが勢力を伸ばしてきたため、新興の ter ... マとシチリアで武力衝突した。これが対1) ダゴとローマによ るポエニ戦争の発端となった。最終的に, カルタゴシチリアから這いわれて, シチリアはローマの最初の州とな り,長らくローマの支配下に入った。 4世紀後半にゲルマン民族の本格的な移動が開始されると, シチリアはヴァンダル人, 東ゴート人のあいつぐ侵入を 受けた。しかし、6世紀後半に東ゴート王国が、東ローマ帝国(ビザンツ帝国)のエスティニアヌス帝によって滅ぼさ れると, シチリア東ローマ帝国の領土となり,軍管区制(テマ講度)がしかれた。次いで9世紀初めに, イスラーム、 勢力がシチリアにも押し寄せ, シチリアイスラム教徒が支配するシチリア首長国となった。1世紀になるとノルマ ン人がイタリア半島南部に侵入し,12世紀前半のルッジェーロ2世の影代に簡イタリアとシチリア島をあわせた両シチ リア王国が建設された。この国は地中海の王国として,この時代の国際紋着に大きな影響を与えたばか分ではなく,ギ リシア・ローマ・ビザンツイスラーム・ゲルマン文化が混交する独特な文化を発信する場となった。その危, 12世紀 まに、王国は神聖ローマ帝国の皇帝位を継承したドイツの皇帝の支配下に入り, 1266年からはフランスのアンジュー家 が引き継いだが, 1282年の「シチリアの晩鐘」と呼ばれる事件の結果。 | BE国の支配するシチリア王国となった。 その後、近世期に入ってからも, シチリアは諸様力の支配の交錯の場となって, スペイン・オーストリア・プランスの 支配を次々と受けたが, 19世紀後半に,統一したイタリア王国編入された。
設問1 下線部に関連して、クレタ文明, ミケース文明について述べた次の1~4の調理の中から,誤りを含むもの
1 クレタ文明はミノア文明とも呼ばれ, クノッソスの宮殻建築で知られる。 2 クレタ文明は青報器文明であり, イギリスの考古学者エヴァンズによって,遺跡の発掘がすすめられた。 3 ミケーネ文明は,南下したギリシア系のアカイアムによってペロポネソス半島のミケーネを中心に紀電源 | LEG(0年ごろ築かれた文明である。
ミケ - ネ丈度で装用された線文学Aは,イギリスのヴェントリスによって解読された。
設問2 下算部に関連して, ペロポネソス戦争について述べた次の1~4の説明の中から,誤りを含むものを一つ選
1 ペロポネソス殺争は, スパルタ中心のデロス同盟アテネ中心のペロポネソス同盟の職争となった。 2 アテネではペリクレスが病死し, デマゴーゴスと呼ばれる動政治家が出現して、主戦論を唱えた。 3 スパルタはペルシアの支援を受けて、アテネを降伏させた。 4 聴史家トゥキディデスペロポネソス戦争に将軍として従軍し、厳密な記述の史書とされる『歴史』を著し
設問3 下部3)に関連して, 古代ギリシア・ローマを代表する著名な学者の中に、 ポエニ競争中、殺された人物がい
る。この人物は次の1~4の誰か。あてはまる人捜を一人選びなさい。 1 アルキメデス 2 エラトステネス 3 ボリビオス プリニウス
設問3 下調書」に関連して, 3, スティニアヌス帝について述べた次の1~4の説明の中から,誤りを含むものを一つ
3スティニアヌス帝は、皇后テオドラと共に帝国の窯土と権威の北大に努め、北アフリカヴァンダル王国 も滅亡させた。 2 ユスティニアヌス帝は, トリポニアヌスら法学者を集めて、『ローマ法大会を編纂させた。 3 エスティニアヌス帝は, ハギア (セント) ソフィア華堂を現在のイスタンプルに建立させた。 4 3.スティニアヌス帝は、貴族に軍役奉仕の代償として土地を与えるプロメイア制を実証した。

 


市であるオルタゴが勢力を伸ばしてきたため、新興の ter ... マとシチリアで武力衝突した。これが対1) ダゴとローマによ るポエニ戦争の発端となった。最終的に, カルタゴシチリアから這いわれて, シチリアはローマの最初の州とな り,長らくローマの支配下に入った。 4世紀後半にゲルマン民族の本格的な移動が開始されると, シチリアはヴァンダル人, 東ゴート人のあいつぐ侵入を 受けた。しかし、6世紀後半に東ゴート王国が、東ローマ帝国(ビザンツ帝国)のエスティニアヌス帝によって滅ぼさ れると, シチリア東ローマ帝国の領土となり,軍管区制(テマ講度)がしかれた。次いで9世紀初めに, イスラーム、 勢力がシチリアにも押し寄せ, シチリアイスラム教徒が支配するシチリア首長国となった。1世紀になるとノルマ ン人がイタリア半島南部に侵入し,12世紀前半のルッジェーロ2世の影代に簡イタリアとシチリア島をあわせた両シチ リア王国が建設された。この国は地中海の王国として,この時代の国際紋着に大きな影響を与えたばか分ではなく,ギ リシア・ローマ・ビザンツイスラーム・ゲルマン文化が混交する独特な文化を発信する場となった。その危, 12世紀 まに、王国は神聖ローマ帝国の皇帝位を継承したドイツの皇帝の支配下に入り, 1266年からはフランスのアンジュー家 が引き継いだが, 1282年の「シチリアの晩鐘」と呼ばれる事件の結果。 | BE国の支配するシチリア王国となった。 その後、近世期に入ってからも, シチリアは諸様力の支配の交錯の場となって, スペイン・オーストリア・プランスの 支配を次々と受けたが, 19世紀後半に,統一したイタリア王国編入された。
設問1 下線部に関連して、クレタ文明, ミケース文明について述べた次の1~4の調理の中から,誤りを含むもの
1 クレタ文明はミノア文明とも呼ばれ, クノッソスの宮殻建築で知られる。 2 クレタ文明は青報器文明であり, イギリスの考古学者エヴァンズによって,遺跡の発掘がすすめられた。 3 ミケーネ文明は,南下したギリシア系のアカイアムによってペロポネソス半島のミケーネを中心に紀電源 | LEG(0年ごろ築かれた文明である。
ミケ - ネ丈度で装用された線文学Aは,イギリスのヴェントリスによって解読された。
設問2 下算部に関連して, ペロポネソス戦争について述べた次の1~4の説明の中から,誤りを含むものを一つ選
1 ペロポネソス殺争は, スパルタ中心のデロス同盟アテネ中心のペロポネソス同盟の職争となった。 2 アテネではペリクレスが病死し, デマゴーゴスと呼ばれる動政治家が出現して、主戦論を唱えた。 3 スパルタはペルシアの支援を受けて、アテネを降伏させた。 4 聴史家トゥキディデスペロポネソス戦争に将軍として従軍し、厳密な記述の史書とされる『歴史』を著し
設問3 下部3)に関連して, 古代ギリシア・ローマを代表する著名な学者の中に、 ポエニ競争中、殺された人物がい
る。この人物は次の1~4の誰か。あてはまる人捜を一人選びなさい。 1 アルキメデス 2 エラトステネス 3 ボリビオス プリニウス
設問3 下調書」に関連して, 3, スティニアヌス帝について述べた次の1~4の説明の中から,誤りを含むものを一つ
3スティニアヌス帝は、皇后テオドラと共に帝国の窯土と権威の北大に努め、北アフリカヴァンダル王国 も滅亡させた。 2 ユスティニアヌス帝は, トリポニアヌスら法学者を集めて、『ローマ法大会を編纂させた。 3 エスティニアヌス帝は, ハギア (セント) ソフィア華堂を現在のイスタンプルに建立させた。 4 3.スティニアヌス帝は、貴族に軍役奉仕の代償として土地を与えるプロメイア制を実証した。

 


設問5 下線部Sに関連して,11世紀から15歌記までの神聖ーマ帝国の皇密が古いものから時代順に並んでいるもの
を次の1~4の中から...つ選びなさい。 1 ハインリヒ4世 * ブリードリヒ1世(シュタウフェン朝) * ー 4 - ジギスムント 2 フリードリヒ1世(シュタウフェン) → ハインリヒ4世 - ジギスムント → カーH-4 3 ジギスムント → カール
フリードリヒ1世(シュダウプェン) → ハインリヒ4世 カール 4 - ハインリヒ4世 - フリード!ヒ1(シュタウフェン朗」 → ジギスムント
設問6 下線部に関連して, フランスのアンジ...家はイギリスにも進出し王朝を創始したが、この王朝に関して逃
べた次の1~4の説明の中から,誤りを含むものを一つ選びなさい。 1 フランスのアンジュ. - アンリは、国王ヘンリ2世としてプランタジネット割を創始した。 2 国王ジョンは、貴族の諸権利を保障した大志望(マダード : カルタ)を承認させられた。 3 国王エドワード1世は, 1295年, シモン=ドニエンブオールに模範議会を招集させた。 4 FEエドワード3世は,フランスの王定器交権を主張して、百年戦争をおこした。
設問2 下線部のに関連して, イタリア王国の縁に至る歴史について述べた次の1~4の説明の中から誤りを含むも
めを一つ選びなさい。 1 マッツィ ... こは 1831年に亡命先のマルセイユで「青年イタリア」を組織し、革命運動を展開した。 2 トリノを首都とするサルデーニャ王国は,1948年に国王カルロ=アルベルト下で、憲法を制定した。 3 サンデーニャ国王ヴィットーリ=エマヌエーレ2世は, カヴールを首相に愛用し, 1859年の対オースト ア戦争に勝利した。
1881年にトリで、ヴェネツィア教皇領を含むイタリア代表による国会が開かれ, イタリア王国の成立 が言された。
設問 | に入る最も適切な語を次の1~4の中から一つ選びなさい。 | | マッ972 シラタキ3 タレントゥ シドン
設問9 | |に入る最も適切な語を次の1~4の中から...つ遣びなさい。 | | ポルトガル2 カスティリャ 3 ヴェネツィア アラゴン

 


次のAとBの文章を読み,以下の設問に答えなさい。解答はマーク解答用紙の所定欄にマークしな
A 預言者ムハンマドは, メッカ(マッカ)の有力者たちからの迫害を逃れ、ムスリム(イスラムの信徒)とともに
メディナ(マディーテ, ヤスリブ)に移ったが,その後、メッカを奪還して バを望殿とし,ここを聖地とした。 1 L, ハンマドの死, ウンマ(スリム共同体」は、ハンマドの義父であるアブー語 バウルをムハンマド代理人 オリア)としたが、第4代カリアのアリーと対立したシリア総登ムアーウィずは、シリアでおりフの地草につき, ウマイヤ朝を興した。以後, ウマイヤ朝のカリブは世襲化した。しかし, ア] ...とその守系のみを支持する者たちは これを認めず,後には、複数のカリフが変立する事態が生じることとなった。
設問1 下線部Dに関し,これを「聖遷(ヒジュラ」とい... その年がイスラーム輝(ヒジュラ舞の紀元元年であ
る。そえは西房では何年にあたるか。正しいものを一つ選びなさい。 1 622年 ろ 60年 は 32年に 降2年

 


設問2 下線部の「ウマイヤ朝」にしてめ以下の記述のうち、明白に誤っているものはどれか。1つ選びなさい。
ウマイヤ朝は,西ゴート王国を博したが、フランク王国とのトゥール・ボワティエ調の戦いに敗れた。 ろ ウマイヤ朝では,正展」の異教徒らに進種 ハラージュ)を課したが, 末期には, アラブ人ムスリムにも議
ウマイヤ朝では, アラビア語が公群語とされ, イスラー JAの根本聖典である「クルアーン(コラン)」が
刻めて報察されることとなった。 にウマイヤ =モスクは、ダマスクスにある現存最古のモスタであり、キリスト教会の一部を転用したものとい
れている。
B 神の啓示はアラビア語で授かったとするイスラームであるが、もともとアラビア語を話さない諸民族にも浸透して
った。そのうち, イランでは, イスラームへの改宗者(マリー)やシア派などがムハンマドの叔父の子孫で あるアッバス家の革命運動に協力し、アッバース朝が建された。またトルコでは, トルコ系遊牧民イスラーム に改宗しながら次々と中央アジアから西方に向けて移動し、夏隷軍人「マルーク)や部族集団の影で勢力を強めて いき、数々の王朝を開いていった。インドでも, インド洋交易等で活動していたムスリム商人の影響もあり、また対 ズナ朝やゴール司の軍の数度にわたる侵入などもあって, イスラムが都市住民やカーストの下階などに及ぶところ となり,... 北朝の将革アイドバクがインドで最初のイスラー- 王明を開いた後、いくつかのイスラーム王朝が興った。 もっとも, インドにおけるイスラームとビンドゥーとの関係は、後にパキスタンとインドの分裂へとつながっていく 下地となった。アフリカにも広がったイスラームもまた, 後にキリスト教との軋轢が生じるところとなった。 「イスラームの広が司は,文化部では,各地にイラン=イスラーム,文化, ルコァイスラーム文化, インド=イスラ ーム文化, スワヒリ文化などを生みだした。
設問3 下線部3」の「アッパー ス朝」に関する以下の記述のうち, 明白に誤っているものはどれか一つ選びなさい。
アッバース朝はダラス運際の酸いで書を破ったが、その施設の中にいた紙すき工がイスラーム圏に製置法を 「変えたとされる。 ろ アラバース韓は,全品スリムの平等を実現したとして「イスラーム帝国」と呼ばれることがある。 は アウバース朝の第5代リアのパールーン = アッラシードは、ギリシア語の文献を集めてアラビア語に翻訳
する機関として「知恵の館を創設した。 にアッバース朝の大アミールに任じられたブリイワ覇では、軍人や官僚に俸給の代わりに定の土地の税
を与える, イタター制が導入された。
設問3 下線部のトルコ系の「数々の王朝」に関する以下の記述のうち,明白に誤っているものはどれか。 ...つ選び
い ラハン簿は、中央アジアで最初のトルコ系イスラーム国家であり,緩やかな部族連合体であった。 う ガズナ(ガズー)割はイラン系のサーマーン朝の, ホラズム(ホラズム シャー) 朝はトルコ系のセルジュ |-々朝の,それぞれマル... タが建てた王朝である。 は セルジューク軍はアナトリアでどザンツ軍を最りシリアに侵攻したが、そのことが十字軍を引き起こす原圏
ティムール朝は, ビザンツ帝国を滅ぼしたオスマン軍をアンカラ(アンゴラ)の戦いで破り、パサジット! 「世を捕虜にした。

 


設問5 下線部「ムスリム商人」に関する以下の記述のうち,正しいものはどれか。 つ選びなさい。
スリム商人がインド洋交易で用いた三角戦の木造船は, ガレオン船と野ばれる。 ろ マム、ルーク朝の時期に国際貿易を担ったのは, カーリミ一商人と呼ばれると、スリム商人集団であった。 はマジャパピト王国は, 15匹紀半ばに国王や支配階級がイスラームに改宗し、ムスリム商人と中国商人とを結 「ぶ東西貿易の拠点として栄えたが,後にポルトガルに占離された。 に , スリム商人は,臨路においても,キャラバンサライ(隊蓄着)を結んで東西交易を行い, ここに,後に「報 の道」や「勘盤の道」と呼ばれる交易ルートを形成した。
設問6 下線部のインドの「イスラーム王朝」についての以下の記述のうち,関白に誤っているものはどれか。一つ
ゴール等のマムルータであったアイバクボインドで最初のイスラーム王朝を建て,その後マムル - ク出身の 「主事が続いたので,それらは「翼隷王朝」と総称される。 う ハルジー朝は地租の金網化を実施したが,それは後のムガル帝国の需治にも受け離がれた。 は 南インドマイソール王国は,イギリスのインド征服に対抗して款度にわたる戦争を起こしたが、敗北した。 に ムガル帝国のアタバルは,高官には様位(マンサブ)に従って給与と保持すべき騎馬の数を決めるマンサブ 「ダール制をとった。
設問2 下線部の「パキスタンとインド」の関係についての以下の記達のうち、明白に誤っているものはどれか。
い イギリスは, ヒンドゥーとイスラー , を夏目させて友美選謝を分断することを意図して, 145年, パンプル
単を東西に二分することを含むインド就活法を制定した。 ろ 当初は親葉であった全インド = スリ遵盟は, 1916年に国民会議と協定を結び, 民族運命に参入した。 は インドとパキスタンは、カシミ ル藩王国の帰属をめぐ自立し、197年と195年に,両国間で競争が起き
に 言語問題から分離独立を目指す東パキスタンムスリムらの運動をインドが支援したことから第3次インド にパキスタン戦争が起こり, 1971年, バングラデシュが独立した。
設問2 下線部の「インド=イスラーム文化」の例として適切でないものを一つ選びなさい。

 


M 第二次世界大戦以降のドイツと日本に関する以下の文章を読み,設問に答えなさい。解答はマーク 解答用紙の所定欄にマークしなさい。
1945年5月、ドイツは連合国に降伏し, ナチス政権は12年の歴史を閉じた。固年7月から8月にかけて行われたボッ ダム会談の方針に従って, ドイツは東方領土のかなりの部分を失い、西側へ国境を移した本土は、ソ連, アメリカ, イ ギリス, フランスに分掛乾治されることになった。多くのドイツ人が薄方から追意され、着の身着のままで本土を目指 した。彼らの中には,ヒトラーが政権を掌握する以前から長きにわたってその地に暮らしていたドイツ人も含まれてい た。チェコスロヴァキア, ポーランド, ハンガリ.... | a||| B | などから追い出され, ドイツ本土に強制的に 移住させられたドイツ人の数は, 1000万人をゆうに超すといわれている。他方、ナチスによるユダヤ人の大量虐殺の彼 害者の多くが、ま... ランドやソ連などに集中していることからも、ナチス・ドイツの支配と敗北は, 東欧諸国の人権 歳を大きく塗り替えた。 19世紀後半以降、西洋列強と覇を並べるように帝国主義の時代を生き,第二次世界大衆では枢軸国として戦った日本 また敗戦後、大規模な人工移動を経験した大東亜共栄圏という構想を打ち立て,アジア・太平洋戦争を膨開した日

 


率は, 1915年8月の無条件降伏をもって海外領土を失い、本社はアメリカ翼を中心とする占領下に置かれた。1945年末 からアメリカが主導する形で残留日本人の引き揚げに関する議論が始まり,軍人約350万人, 民間人約300万人に残ぶ日 客人の引き揚げ事業が本格化した。
設問1 下線部について, ナチス・ドイツの侵略をす苦しい時系列をつ選びなさい。
オーストリア時金 ポーランド侵攻 - 築不可侵条約 ロ オーストリア併合 ミュンヘン会談 | チェコスロヴァキア解体 ハ 鍵ゾ不可侵条
ランド攻 チェコスロヴァキア解体
設問2 下線部について, 中世以降のドイツ人の東方神起に関する以下の説期のうち,最も適切なものを一つ選びな
ドイツ騎士団バルト海沿岸地域へ進出してドイツ人の入植を進める一方, スラヴ人キリスト教化を行っ
た。 ロ バルト海沿岸にドイツ人入植者を誘致して建国されたプロイセンは, 18世紀半ば, プリードリヒ2世の治下
で王国へと昇格した。 ハ ハンガリーズデーテン地方には、ハプスブルク帝国の奨励政策により, ドイツ人手工業者が入植した。 ニ ドイツ出身のエカチェリーナ2世は, ヴォルガ川流域にあるコ... カンド ハン国を併合して多くのドイツ人 を入植させた。
設問3 下線部について, ポーランドとドイツに関する以下の説明のうち,最も適切なものを一つ選びなさい。
イ 世紀末, プロイセンオーストリア, ロシアと手を結び, ワルシャワ大公国の建国に介入した。 ロ コシュッシュ(コシチューシコ) 1818年にベルリンで起こった革命に触発され,ポーランドの民族運動を
ハ ドイツが敗北した第一次世界大戦後のパリ講和会議で, ポーランドの独立は国際的に承認された。 ニ 第港都市ダンツィヒはすチス・ドイツによる接合を免れ, 最後は東ヨーロッパ相互援助条約に基づく安全保 障機構の本部が置かれた。
設問4 | |=|B]について以下の説明を読み、それぞれに入る国名の正しい組み合わせを一つ選びなさい。
ドナウ川下流に位置する | A , 1878年のベルリン条約で独立が国際的に承認された。第二次世界大戦後 はソ連社会主義圏にみ込まれたが、1989年の革命によって大統領が処刑され, 独裁政権が崩壊した。 | は, 1941年にナチス・ドイツとイタリアの侵略を受けたが, パルチザンによって解放され, 1995年に 連邦人民共和国を宣言した。ソ連とは距離を置いた独自の社会主義路線を歩み, 1948年にはコミンフルもから 除名された。
イ アルダリア ロ A マケドニア B
ウクライナ
ゴスラヴィア
ニ A ルーマニア B ユーゴスラヴィア

 


設問5 下篠部 』 について, ナチスの反, ダヤ主義に関する以下の霊明のうち,最も適切なものを...つ選びなさい。 インデンブルクは大衆電緊急令を発し、アウシュヴィッツにおける強制収容所の建設を命じた。 ロ 1933年に起こった国会議事堂放火事件は、犯人が ダヤ人であったことから,反ユダヤ主義プロパガンダ
に利用さえた。 \ ヒトラーの政権掌握後、ニュルンベルタ法によってユダヤ人は公民権を奪われた。
ナチス・ドイツ軍のポーランド侵攻以群, L - 率いる親衛隊により,大規模なユダヤ人の運行が繰り広げ
設問6 下顎部について,枢軸国を構成したドイツ, イタリア, 本に関する以下の罰明のうち,最も適切なものを
イ 日本とドイツは、ソ連に対抗するため防共協定を結び、1937年にはこれにイタリアが参類した。 口 ベルリン=ロマ枢軸によって, ファシスト党党首ムッソリ...... ニは首相に就任し、軍事から司法にわたるす べての権力を掌握した。 ハ ドイツはアメリカへの勢力拡大にも関心を示し、かつての植民地であるナミビアイタリア軍とともに進軍
ニ 太平洋戦争の開始によって日本は中立条約を結び, 日独伊三国同盟は実質上, 樹壊した。
設問2 下線部「について,日本軍の言顔が及ばなかった地域をつびなさい。
設問3 下線部について、最も適切な説則を一つ選びなさい。
イ 外務省が行っていた引き揚げ事業は,韓国による北鮮侵攻で始まった朝鮮戦争によって難局を迎えた。 ロ 中国には多くの経茎人孤児が残留し、田中角栄と鄧小平が調印した事共同声明践際も帰国の道を閉ざされ
露悩事変を契機に成立した満州国では, ソ連軍の侵攻によって多くの問人が犠牲となり,引き揚げの過程
に引き揚げが入港した雪は大量の引き揚げ者で混乱したため, 向設されたばかりの白衛隊が事態の収拾にあ

 


V 17世紀半ばに制定され19世紀半ばに廃止されたイギリスの航海法について,なぜ制定され廃止され たのかをそれぞれ当時の政治と経済の情勢に関連づけながら,以下の語句をすべて用いて,250字以上 300字以内で説明しなさい。なお, 句読点, 数字は1字に数え、指定の語句には必ず下線を付しなさい。
選挙法改正
中継貿易

【大学受験】早稲田大学 政治経済学部 過去問<世界史>2017


以下の文章を読み, 下記A, 日に答えよ。 中国における歴史叙述の標準的なスタイルは,司馬遷の『史記』によって確立された。それは | | と呼ばれるも ので、出来事を単純に年代順に配列するのではなく、君主の事績・君主以外の人物の事績・制度の沿革など,いくつか の部分に分けて全体を構成する点に特徴がある。『史記』の形式にならって次々と書かれた各王朝の歴史は、後に「正 更」と総称されるようになる。ただし,|b|の『漢書陳寿の『三国志』などは,いずれも私人の著作であり, それらが書かれた時代には,他にも類似の史書が多く存在していた。皇帝の命によって過去の王朝の歴史を公式に編纂 するようになるのは、南北朝時代からであるが、同一王朝の歴史が作りなおされることもあった。たとえば,『唐書』 は,後晋時代にひとたび福露されたが,不備が多いとして北宋時代に再度の福算が行われた。今日では、前者は『旧唐 書」,後者は「新唐書』と呼ばれ,どちらも正史と見なされている。 「正史とは異なる形式の史書としては,北宋司馬光が戦国時代から五代までを編年体で記した『資治通鑑」が名高い。 その叙述には、君臣・華英の宮別を食視する | |論が反映されており、後世に大きな影響を与えた。南索の | |とその門人が著した『資治通鑑綱目』は,『資治通鑑』の解説書ともいえるものだが、三国時代について蜀漢を 正統とするなど, 司馬光の 論をさらに発展させている。
中国の正史は,周辺世界ともさまざまな形で関わりをもっている。たとえば、中国北方の遊牧民の歴史は、現地に残 された文学記録が乏しいため,主として正史の記述に基づいて研究せざるを得ない。ただし、ユーラシア西部におよぶ 帝国を打ち立てたモンゴルに関しては、西アジアで著された『築史』などにも,豊富な情報が残されている。一方,漢
字の浸透した地域では,正史に類する歴史書の編纂が見られた。高麗時代に編纂された『三国史記』はその例で, | を採用している。
時代が下ると,正史以外の史料が多く残されているため, 歴史研究における正史の重要性は相対的に低下する。たと えば,清代に関しては,津儀が紫禁城から退去した後、残されていた膨大な公文書の整理・公開が進み,研究に薄用さ れている。
A 下記の問い1~6に対する最も適切な答えをイ~ニから一つ選び, マーク解答用紙にマークせよ。 1 下線部に関する記述として,適切なものはどれか。 イ 暦の節度使であった業全患が, 唐を滅ぼして建国した。 口 石数料が契丹の支援を得て建国し,代償として恭二十六州を割譲した。 ハ 第2代皇帝の世宗(衆栄)は、契丹南唐と戦って領土を拡大した。 - 前王朝が挙(開封)に国都を置いたのに対し,洛陽を国都とした。 2 下線部はに際して中心的役割を果たした人数はどれか。 イ 欧陽
韓進 : 陸九淵 3 下線部とは、王安石の新法に反対した勢力(旧法党の代表者として知られるが、新法とそれをめぐる党争に関 する記述として,適切なものはどれか。 イ 新法の骨子は,人件費・軍事費の徹底的な副蔵による歳出切り詰めであり、職を失うことを恐れた宮史・軍人
の多くが反対し,旧法党を形作った。 ロ 新法の一つである募役法は、労役を強制的に割り当てることを止め, 免役哉を出させて希望者を雇用するとい 「う内容であった。 ハ 王安石の失脚後に政権を握った司馬光は、新法営を澤圧したものの,青苗法・均頼法・市易法などの主要な法
は整奪した。 ニ 北宋末の徹宗の時代には,あらためて新法が徹底的に廃絶され、新法党の官僚が粛清された。

 


4 下線部hに関する記述として,適切なものはどれか。 イ イル=ハン国のガザン=ハンの命によって墓が開始されたが、同国の滅亡後に完成し, マムルーク朝のスル
タンに献呈された。 ロ 当時のイスラーム世界における共通語であったアラビア語で書かれている。 \ 叙述の形式や歴史解釈に, イプン=ハルドゥーンの『世界史序説』の影響が見られる。 ニ モンゴル史だけでなく,中国史やプランタ(ヨーロッパ史を扱う部分もある。 5 下線部iに関連する記述として、適切なものはどれか。 イ 百済の復興をめざす勢力(後百済)が新羅を滅ぼして建国した。 ロ 結教を国教化し, 仏教を弾圧した。
科学による文官の登用を行った。 ニ末の磁器を核酸した染付(青花)が盛んに暴作された。 6 下鎌部」の原因となった政治情勢に関する記述として,適切なものはどれか。 イ ドイツ・イギリス・日本など8ヶ国の連合軍が、義和建討伐のために北京に迫った。 ロ 軍関間の抗争の中で、旧済閉急室に強硬な姿勢をとる遇玉祥らが北京政府の実権を握った。 ハ 審介石の率いる国民革命軍が, 北洋軍閥打倒をめざして北京に迫った。 に 虚構船事件を契機として華北に侵攻した日本軍が, 北京を占領した。
B 下記の問い1 ~4について、最も適切な答えを記遮解答用紙に記せ。 1 空間にあてはまる語句は何か。 2 霊欄上にあてはまる人名は何か。 3 空間にあてはまる語句は何か。 4 空間gにあてはまる人名は何か。

 


以下は,第二次世界大戦後のアジア諸地域が有した世界史上の特徴について論じたものの一部である。文章を読み、 下記A, Bに答えよ。
第一の特徴は,政治的な威植民地化, いわゆる植民地からの政治的独立が, 東アジアと南アジアを中心に1940年代末 までに達成された点である。その要因は, 日本の敗戦による旧日本帝国の強制的解体・崩壊と,南アジアにおけるイギ リスの性急な撤退,「権力の委試」による1947年の| |.|:|の独立, および | a |領東インドにおける独立 戦争での | の敗北とインドネシアの独立等、複合的である。第二次大戦, アジア太平洋戦争での戦闘・占領・戦 時動員を通じた列強の植民地的秩序の崩壊は,アジア諸地域での戦間期からの民族運動の勃興により促進され, 延葬更 上でも稀にみる速さで政治的雑定が達成された。 この早期の観植民地化に対して,日本を除く欧米の旧宗主国は,影響力の温存と継続を図る手段として,新興独立諸 国に対して経済援助を提供した。1950~60年代のアジアは、経済援助の供与をめぐり国際競争が展開された時代である。
第二の特徴は,世界的規模での東西冷戦の展開のなかで出現した, 独自の国際政治秩序である「第三世界!, 非同盟 申立路線の主要な舞台になったのが, 1950~60年代のアジア世界であった点である。強載が東アジア, 東南アジアに波
表するなかで,その周縁部として,相対的に独自の立場を維持したのが南アジア地域であった。その立役者が、 |i|と彼が追求した「非同盟中立」路線である。政治的に中立を表明した非同盟諸国は,経済外交の鋼面では経済 接助を受け入れる対象国となった。従来別々の戦後史の文脈で語られてきた脱植民地化と冷戦が相互に結びつくのが、 軍事援助を含めた開発援助政策である。
第三の特徴は,政治的独立を達成したアジア諸国による「貧困からの脱却」, 経済的自立を求めた経済開発・工業化 政策の追求である。開発を実現するために, 東アジア・東南アジア諸地域において成立したのが、政府の経済への積極 的介入を容認し,国家が強力な危機管理体制を構築する『開発主義」である。それは,政府も国民も経済成長を最終目

 


標に掲げた蔵長イデオロギーであった。
(出典:秋田茂編著 『アジアからみたグローバルヒストリー! 2013年。一部改変)
A 下記の問い1~6について,最も適切な答えをイ~ニから一つ選び, マーク解答用紙にマークせよ。 1 空欄d に入るものはどれか。
イ フランスロ ポルトガル ベルギーニ オランダ 2 下線部について,運動やそれを担った組織と,運動の起こった地域との組み合わせで割っているものはどれか。 イ サレカット=イスラーム, マラヤ ロ サティヤーグラハ, インド I ・一運動, 朝鮮 3 下線部に関する記述のうち, 誤りを含むものはどれか。 イ 東南アジアで植民地支配を受けずに独立国家としての地位を維持できたのは, タイのみである。 ロ 業領ビルマは, 1948年に独立を達成したが、独立運動を指導したアウン=サンはその翌年に暗殺された。
ホー=チョミンはベトナム共産党を結成して民族運動を指導し, ベトナム民主共和国を建国した。その後イン ドシナ戦争でフランスと戦った。 ニ 東ティモールでは例外的にポルトガル支配が長引き, 1975年に独立運動が高まったが,翌年インドネシアに併 | 合を宣言され、2002年に正式に独立を達成した。 4 下線部 hについて,冷戦のアジア地域への波及にかかわる出来事D~動を年代順に正しく記した組み合わせはど 1.か。 0 ベトナム共和型建国
東南アジア条約繊帯の結成 (3) 朝鮮戦争の勃発 @ 中華人民共和国の成立 ジュネーヴ休戦協定
5 下線部hに関与し, 1950年代に在任したアメリカ大統領の組み合わせとして正しいものはどれか。
トルーマン, アイゼンハワー アイゼンハワー, ケネディ 6 空欄iは誰か。 イ ボンディーロ ネルーパ ジンナーニ スカルノ
B 下記の問い1 ~ 4について,最も適切な答えを記述解答用紙に記せ。 1 下線部』の国が、戦前から東南アジア支配の軍事拠点とし,日本の降伏後に復帰支配をした都市名を記せ。 2 空標1, cに入る国名を記せ。 3 下線部gについて,日本が戦後処理の一環として東南アジア諸国に対して二国間協定にもとづいて行い,結果と
して東南アジア諸国との経済的関係回復につながった措置は何か。漢字で記せ。 4 下線部iについて, アメリカと緊密な同韓関係を結びつつ, この政党方針で長期政権を維持したものの,独裁や
腐敗が進んだため国民の支持を失い, 1985年の人民革命でハワイに亡命した政治家の名を記せ。

 


以下の文章を読み, 下記A, Bに答えよ。
中世末から近世にかけてのヨーロッパでは, カトリック教会や神聖ローマ帝国が担ってきた普遍的な世界秩序が最み。 個別の権力単位が自己の支配領域を国境で囲い込み,対内的・対外的に独立的な行動を示すようになった。こうした権 力単位を主権国家といい,主権国家同士が互いに勢力を競い合う状態が生まれた。
主権国家の形成期には,スペイン, フランス, イギリスなど比較的大きな諸国で,絶対王政と呼ばれる国王を中心と する強力な就治体制が誕生した。しかし絶対王政のもとでも,旧来の身分制度が残るとともに,さまざまな特権をもつ 貴源や教会や都市などが| | 国体を形成し,一般民衆に対する国王の直接支配を解約していた。しかし絶対王政

 


||国体の関係は複雑だった。絶対王政と | a 団体の関係は、常に対立し合う関係ではなく,ときどきの権力 状況や利害状況によって変化した。絶対王政の形成期には,国王は国内の就間と国力増大のために,|a|団体の協 力を必要とした。戦的な趨勢として,絶対王政が誕生する過程においては, 主権 | a |回体の関係は良好で,高 者の協力関係が目立つが、やがて王権が磐石になるにしたがって, | |団体の特権に対する王権の続制や介入がし だいに厳しくなっていった。この王権と|d | 団体の対抗関係の結果しだいによって,その後の各国の政治体制が大 きく異なることになった。たとえばイギリスでは,チャールズ1世の時代に始まった内戦の際に, 主権が議会に代表さ れる | | 団体に敗北したため、絶対王政は早い段階で顔控し,その後の議会を中心とする政治体制が成立する条件 が生まれた。これに対してフランスでは、王権によって | a 団体の活動が抑えられ, ルイ13世の時代を最後に | h | が開かれなくなり,ルイ14世の時代に絶対王政は全盛期を迎えることになった。
一方, イギリスやフランスなど西欧諸国に比べ, 絶対王政の開始が遅れたプロイセンオーストリアやロシアでは、 君主主導の『上からの近代化」が図られた。これを | m主義という。その改革の目的は,回家の力の増大にあり, そのための経済力・軍事力の拡大や, 司法・行政・教育接能の効率化が目指された。しかしこれらの地域でも,やは司 | 団体の抵抗は大きく,改革は | m 君主の意図の通りには進まなかった。
A 下記の問い1~7について,最も適切な答えをイ~ニから一つ選び、 マーク解答用紙にマークせよ。 1 下線部に関する説明として語っているのはどれか。 イ レヒフェルトの戦いでアヴァール人を破ったオットー1世が,962年に教皇ヨハネス12世からローマ皇帝位を 「与えられたことが、帝国の始まりとされる。 ロ ルクセンブルク家の皇帝カール4世は, 1355年に「金印勅書」を発布して, 選帝侯と呼ばれる7人の聖俗請候 に皇帝選出の資格を限定した。 ハ 後に皇帝となるベーメン王フェルディナント2世が、 ベーメンに旧教を強制したことに対して, 1618年に同地
の新教徒たちが反乱を起こしたことが, 三十年戦争勃発のきっかけといわれる。 ニ ナポレオンがバイエルンなど西南ドイツ諸邦を結集し, ライン同盟を結成したことを機に、当時の皇帝フラン
2世が退位し,1806年に帝国は消滅した。 2 下線部トが生まれる契機となった「イタリア戦争」の1559年の講和条約の結果, ハプスブルク家が領有すること になったイタリアの地域はどこか。 イ ヴェネツィアジェノヴァ / サヴォイア - シチリア 3 下線部の君主フェリペ2世に関する説明として誤っているのはどれか。 イ ハプスブルク家の王カルロス1世の後を継いで、スペイン王に即位した。 ロ ポルトガル王家の断雑にともない。同君連合によってポルトガルを併合した。 ハ オランダ独立戦争の際に, 南部10州にユトレヒト同盟を結ばせ、 分断を図った。 ニ ギリシアコリントス湾口沖の海戦で、オスマン帝国の監隊を打ち破った。 4 下線部f に関する説明として誤っているのはどれか。 イ 王党派と戦った読会派のなかに, 「ピューリタン」と呼ばれるカルヴァン派の信者が多数存在した。 ロ スコットランドの反乱鎮圧のため召集された長期議会は,戦費調達のための新税の導入を拒否したため,国王
によって強制解散させられた。 ハ 独立派のクロムウェルが指揮する「鉄騎隊」と許ばれる補競部隊が, マーストン=ムーアの戦いで王党派の軍 「隊を打ち破った。 ニ 議会派のなかの急進派であった水平(平等)派は, 一般兵士の支持を得て、普通選挙による共和政を主張し、
独立派と対立した。 5 空欄hにあてはまるもっとも適切な語句は何か。 イ 高等法院 ロ 全国高部会 地方三部会 国務会議

 


6 下線編」の人物に開する0~)の出来事を年代順に並べた場合, 正しいのはどれか。
0 コルベールの財務総監就任 (2) ブロンドの乱 3 ピレネー条約の締
ナントの主令の廃止
7 下線部」の君主エカチェリーナ2に関する説明として誤っているのはどれか。 イ ピョートル3世を借称し、農奴解放を宣言したプガチョフの農民反乱を鎮圧した。 ロ ラクスマン使節として日本へ送り,通商を求めたが,目的を達せられなかった。 ハ アメリカ独立戦争の際に, スウェーデンなどとともに武装中立同盟を結成した。 ニ 三次にわたるポーランド分割に参加し, ワルシャワを含む広範な領土を獲得した。
B 下記の問い1~6について,最も適切な答えを記述解答用紙に記せ。 1 空閣dにあてはまる語句を漢字で記せ。 2 下線部eのイギリスでは、地方大地主層が地方の政治・行政・司法に絶大な影響力を持つ無給の職に就いて,主
棒を支えていた。この場名を漢字で記せ。 1 下線部gの宰相リシュリューによって創立され,音語・文化政策の一翼を担った学術団体の名は何か記せ。 4 下線部」の国王フリードリヒ2世が1740年に著し,「君主は国家第一の懐」の言葉で知られる著作物の題名は何
か記せ。 5 下線部の君主ヨーゼフ2世は, 1781年に「土からの近代化」の一環として,農民保護に関する法令の他に,も 「う一つの法令を発している。その法令の名を漢字で記せ。
空網mにあてはまる語句を漢字4文字で記せ。

 


以下の文章を読み, 下記A, Bに答えよ。 18世紀末から19世紀におけるヨーロッパは、革命の理念に何度も揺さぶられた。その発端となったのが,アメリカ独 立革命である。北アメリカの東海岸にあったイギリス領13植民地は、イギリス本国政府の課税・統治の強化に反発し, アメリカ独立戦争を開始した。アメリカ制は1981年にヨークタウンの戦いで決定的勝利をおさめ,1787年にはアメリカ 合衆国憲法が制定されるに至った。
大陸ヨーロッパでは,その直後にフランスで革命が発生し,王政が廃止されるに至った。その後, 1814-15年に開催 されたウィーン会議において, フランスのタレーラン外相が提唱した|c|の原則が採用され、各国の政治秩序をフ ランス革命以前のものに戻すことが目指された。ウィーン会議ではさらに,ある特定の国家による支配を防ぐために, 大国間の|d|による国際秩序の平和的な維持が追求された。しかし,フランスではその後さらに二度の革命が起き、 王亡命や退位を余儀なくされた。こうしたフランスにおける一連の革命は,他のヨーロッパ諸国に大きな影響を与え た。たとえば, 1830年七月革命後は,同年に | e | が独立を宣言し,その翌年にイタリアで | i | が蜂起したほ か, ドイツでも記誌政治を求める運動が各地で発生した。1848年の二月革命後は、ウィーンやプロイセン各地で革命が 起きた。 | ヨーロッパにおける革命運動の広がりの背景として、社会経済的な変化と政治思想の影響を挙げることができるだろ う。社会経済的な変化としては, イギリスを先駆とする農業革命と産業革命が重要である。18世紀のイギリスでは、 1700年にインド産の|h | の輸入禁止法が制定されたことを契機にその国産化が進み, |;|を燃料として安定的 に大きな動力を得る装置が発明されたことにも後押しされ,技術革新が進展していた。さらに,農業革命に伴って起き た思い込みによって多数の農民が都市に流入して工場労働者となったことから、産業革命が進展した。その結果、国王 や貴族といった旧体制下の既得権益層とは異なる都市部の富裕層の力が増大したのである。同時に, 劣悪な条件で労働 に従事する労働者階級も増大し,急進的な革命の担い手として重要な役割を担うようになっていった。この点に鑑みれ ば, ヨーロッパ諸国の中で自由主義的な改革をいち早く実行したのがイギリスであったことは, 社会経済的な変化の自 然な帰結であったといえよう。

 


さらに,この時期にヨーロッパで発展した政治思想も大きな影響を及ぼした。18世紀には, フランスで啓蒙思想が発 展し,その後のフランス革命の悪想的な基礎となった。とくに, ルソーが1762年に著した『| 論』は,人民の 般意思に政治が従うべきことを意き, フランス革命に大きな影響を与えた。19世紀に入ると、深刻な労働問題、貧困問 露を解消するために || | の廃止と、土地や機械といった | m | の共有を提唱する社会主義思想が登場し、その 後の革命運動の思想的基礎となっためである。
A 下記の問い1 ~4について,最も適切な答えをイ~ニから一つ選び, マーク解答用紙にマークせよ。 1 下線部に関する記述として、適切なものはどれか。 イ 13植民地は成立の経緯。 宗派。産業構造などが似通っており, イギリスに対する反感を共有しやすい社会的背
景があった。 ロ イギリス本国政府が1755年に印紙法で課載したことが植民地の反発を招いたが、本国政府はその後もこの法律
を廃止せずに維持しつづけた。 \ 1773年に発生したボストン茶会事件に対し, イギリス本国政府は, マサチューセッツ民度自治権を剥奪す
るなどの強硬な措置を取った。 ニ アメリカ独立戦争においてフランスがアメリカを支援したことが戦況に影響を与え, アメリカの独立が認めら
れた1783年のパリ条約では,フランスがアメリカにミシシッピ川以西のルイジアナを譲渡した。 2 下線部トに関する出来0~のを年代順に正しく記した組み合わせはどれか。 0 ヴァレンヌ逃亡事件
2 義勇兵と民衆によるテュイルリー宮殿襲撃(8月10日事件) (3) オーストリアに対する宣戦布告 | 国民公会による封建地代の無億廃止の決定
3 空網eと「に入る語句の離み合わせとして適切なものはどれか。 イ ギリシア | カルボナリ
ギリシア f青年イタリア I e ベルギー | カルボナリ = e ベルギー f 青年イタリア 4 下潔部」に関連して, 19世紀前半にイギリスで実現した自由主義改革の記述として, 誤りを含むものはどれか。 イ ナポレオン戦争後は国産穀物価格の下落を防ぐために穀物法が制定されたが, マンチェスターを中心に反穀物
芸同盟が運動を展開した結果,同法は撤廃された。 ロ アイルランドの政治家が当選したにもかかわらず議席を認められなかった事件を契機に, カトリック教徒解放
法が制定され, カトリック数徒も公職につけるようになった。 A 産業革命による都市人口の急増等によって生じた需敗選挙区を廃止するため,選挙法が改正され, 新興都市な
どへの議監露り当てや, 中産階級参政権獲得などが実現した。 ニ 労働者自身による組織運動が発展し,チャーティスト運動が展開された結果、団結禁止法の廃止, 工場法の制
定などが実現し、労働者の権利保護が進展した。
B 下記の問い1 ~4について,最も適切な答えを記遠解答用紙に記せ。 1 空欄cとdにあてはまる語句を,それぞれ漢字4文字で記せ。 2 下線部gに関連して,農業革命をもたらした新農法(近代農法)の特徴を40字以内で記せ。句認点も1字と数え
る。 3 空欄hとiにあてはまる語句を,それぞれ漢字で記せ。 4 空間 ~ m にあてはまる語句を、それぞれ漢字4文字で記せ。

 


以下の文章を読み、下記A, Bに答えよ。
第一次世界大戦後のヨーロッパにおいて重要な国際問題の一つにドイツとフランスとの対立があった。フランス外交 は,ドイツの軍事的復活に対する安全保障の確立に向けられてきた。しかし, ドイツの賠償問屋に関する| | 薬の 成立は,ヨーロッパ経済に一定の安定を生みだした。ロシア革命に続く諸国の革命運動の昂揚もこのころにはすでに退 潮に向かい, 世界資本主義はいわゆる「相対的安定」の時期を迎えた。このような情勢の下で, ドイツをめぐる国際関 倍の緊張も緩和され, ヴェルサイユ体制を補完するいくつかの国際協定が成立した。 イギリスの斡旋によって1925年2月9日, ドイツはラインに関する安全保障条約案を提案した。この案を基礎として ヨーロッパの安全保障問題を討議する国際会議が1925年10月5日からロカルノに間かれた。この会議の結果、10月16日 にイギリス, アランス, ドイツなど5カ国間のラインラントの現状維持に関する相互保障条約,および, ドイツがフラ ンスなど4カ国それぞれと締結した勢裁裁判条約などが成立した。翌5年ドイツの国際連盟加入によってロカルノ条約 が発効すると, ここにドイツの報復の危険が除去されたかに見え, ヨーロッパの国際緊張はひとまず緩和され、「国際 協調」が謳歌された。ヨーロッパ連邦論はこのような国際関係の一一応の安定を基礎として生まれた幻想であった。 | |案の成立の頃から, ヴェルサイユ条約の枠内で独仏関係は一応の安定を迎えたかのように見えたが, ナチス =ドイツの登場とともに独ば関係の様相は一変した。
ところが、ナチス政権の登場以来, イギリスの対熱政策は概してドイツに妥協的であり, ヒトラー再軍備宣言や英 独海軍協定に対してもイギリスの金融資本(シティ)はむしろドイツの再軍備を支持する態度を示していた。以後,ミ ュンヘン会談において頂点に達するイギリスの対熱政策は「 d | 政策」と呼ばれている。それは, 1930年代の国際 状況においては,|eに敵対するドイツを資本主義体制の確護者として期待する意識にも発していた。 1997年5月イギリスに成立した新たな内閣は,対独d | をその方針としていた。1938年2月20日, イギリスでは 対独強硬論者として知られたイーデン外相が辞職した。ハリファクスがイーデンの後任外額となり, イギリスでは,首 相と新外相が主導する対類 | 政策が推進された。
(出典:斉藤孝『戦間期国際政治史』岩波現代文庫, 2015年より抜粋・一部改変)
A 下記の問い1~5について,最も適切な答えをイ~ニから一つ選び, マーク解答用紙にマックせよ。 1 空間に入る人名として正しいのは、だれか。 イキング ロ ウィルソン ハ ケロッグ : ドーズ 2 下線部の条約を締結した国に含まれないのは、どれか。
チェコスロヴァキア ロ ベルギー スイス ポーランド 3 下線部cに関して,届際遮盟総会において, 1929年9月にその構想を打ち上げたフランスの外相は,だれか。
ポアンカレ ロ ブリアン ハ エリオ : シューマン 4 空響eに入るのは,どの回か。
イ 日本 日 ソ連 アメリカ合衆国 : フィンランド 5 下線部に関して、どの政党がどのように政権を担ったか。 イ 自由党の閣外支持に依存する労働党少数政権 ロ 労働党の首相による単独政権 ハ 保守党の首相による連立政権
労働党から事実上除名された首相による連立政権
B 下記の問い1,2に答えよ。答えは記述解答用紙に記せ。 1 空間に入る漢字2文字は、なにか。 2 下線部の出来事以焼, 1938年9月末までの間に, ドイツがとった行動, および, ドイツへのイギリスの対応が どのように展問したか, 160字以内で述べよ。句読点も1字と数える。

【大学受験】早稲田大学 商学部 過去問<世界史>2017


I
次の文章を読み, 間A~Lに答えよ。解答はマーク解答用紙の所定欄に一つだけマークせよ。
国史には、歴代王朝が記録した戸口統計が伝わる。戸は生計を同じくする家。 口は人口である。史書に記された 数字から各統一王朝の戸口最大時の概数を見ると,以下のようになる。
|
| ロ |
前漢 | 12 | 60 |
後藤 | 10.7 |
| |
5.9
(単位:百万) | 北玉 |
「清 庭風 | 乾隆 清 遮光 8.9 | 21 | 13 | | 11.4 | 47 | 40 |
| 2018 |
400 『愛方中富『中国駐代戸ロ - 田地・田電統計』上海人民出版1閣より無数を抽出)
これらの数字は,戸口の実数ではなく、王朝が把握し得た数であるが, これも地方官の過大報告などがあり確実と はいえない。実際の人口数は,研究者によって大きな開きがある。しかし、王朝政府の統計からでもいろいろなこと が見えてくる。
前漢の数字は,その最盛期といわれる武帝の時代から約80年後のもので,この数年後に漢は一時中断するが, この 時期にあっても暴簿上は十分な数を確保していたことになる。後漢光武帝時は戸口ともに前漢の35%程度に落ち込 んだが,2世紀に入るとほぼ回復した。隋の数字は場帝のときのもので、唐の最盛期に比べても退色ない。その大土 木工事や対外遠征は、こうした国力を背景にしたものであったのであろう。唐は玄宗天宝年間の数字だが、この5年 後の粛宗乾元3年には戸190万, 口1700万と激減する。北宋の数字は奇妙である。明までの歴代王朝の1戸あたりの 人口がほぼ5人を前後するのに, 一家が平均2人台前半,すなわち殆ど夫婦のみということになる。これは宋の人口 は成年男子のみ数えたからという説が有力である。元は遊教国家の形態で中国を統治したので,この数字をほかの王 朝と同じ観点から分析することには無理があろう。戸数は江進 四川で1140万とするから大部分がいわゆる南人とな る。明の最高値は永築元年で,増離の役を経た直後になるが,統計人口は一代を通じ500万と6000万の間を推移した。 清は, 61年間ある康黒年間には明清交替の混乱が十分収まらず,乾隆帝の時代に人口爆発ともいえる増大傾向を示し ている。このように, 18世紀までの中国史上の統一王朝は,それぞれ5~6000万を最大とする人口数を記録するが、 近年の人口史研究は,宋以降の実際の人口数を1億から2億人以上と推定して,中国独自の経済成長の有無の検討が 課題となっている。
問A 下張部Aについて, この中断とは何を指すか。 1. 漢の外蔵王葬が、赤君の乱を起こして皇帝位を簒奪したこと。 2. 王莽が新を建てて,周を理想とする復古主義の政策を行ったこと。 3. 呉楚七国の乱が起こり,封建制国家が一時復活したこと。 4. 党鋼の禁により,儒教理念に基づく政治が機能しなくなったこと。
問5 下深部日について,その理由として妥当なものはどれか。
1. 長安遷都によって清水盆地の開発が進んだ。 2. 鮮卑の服属によって西北地域の政治状況が安定した。 3.治水工事技術の発達によって黄河の氾濫がなくなった。 4. 山東地域や長江以南の開発が進展した。
問6 下線部Cについて、誤った説明はどれか。
1.安東都護府を置き、中国東北部・朝鮮経略の拠点とした。 2,3回にわたる高句麗遠征は、すべて失敗した。 3. 江南河の開通によって、南北を結ぶ大運河が完成した。 4. 西域の東西交易路確保のため, 吐谷渾討伐軍を送った。

 

 


問D 下線部Dについて,その原因は何か。 1. 武章の網による政治の混乱。 2. 再税法施行による苛酷な費税 3. 安史の乱による華北の荒廃。 4. 黄県の乱による華南の混乱。
問E 下線部Eについて,その妥当な理由はどれか。 1. 行政末端の業務を行わせるために成年男子のみ把握が必要であった。 2. 正規軍に撤兵するために成年男子のみの名簿が必要であった。 3. 田畑の還授を正確にするために成年男子のみの登録が必要であった。 4. 民間では宗族制を維持するために成年男子のみ重視されていた。
問F 下線部Fについて、誤った説明はどれか。
1. フピライはモンゴル帝国の大ハーンであり,元の初代皇帝でもあった。 2.農耕社会を統治するために, カラコルムから中国内部の大都に首都を移した。 3. 中国統治に反発したバトゥは,独立してイランにイルョパン国を建てた。 4. モンゴルでは,金を減ぼしたことによって農耕社会の本格的統治が始まった。
間G 下線部Gについて,正しい説明はどれか。 1. 旧南宋領の人々は,南人として大元ウルスの最下層に置かれて購民扱いされた。 2. 科挙復活後も,南人には合格枠が与えられず、官僚への道は閉ざされていた。 3. 江南の知識人対策として, 南人のなかから特別に抜擢されモンゴルに仕える者も出た。 4,元曲の代表作「西岡記』は、南人の王裏前が南宋の戯曲を網承して完成させた。
問H 下線部Hについて,誤った説明はどれか。 1.洪武帝の子の蒸王は,中央政府の諸王権力排除の方針に対抗して挙兵した。 2. 携王は、弟の建文帝が居る首都南京を攻略して帝位につき自らを第2代皇帝とした。 3. 義王は,即位すると自分の王府の所在地であった北平に紫禁城を築き遷都した。 4. 永楽帝の対外遠征は、この戦争での帝位第奪者の汚名をそそぐ目的もあったとされる。
問1 下線部」について,人口把握の基礎となる賦役黄冊の作成を命じた皇帝は誰か。
1,洪武 2. 永楽帝 3. 万暦室 4,崇複音
問」 下線部について,鎮圧によって混乱が収まる指標となった事件はどれか。
1.季自歳の2. 回教徒の反乱 3. 白蓮教徒の乱 4. 三藩の乱
間 下線部Kについて, 関連する説明として誤っているものはどれか。
1. 地丁銭制の実施が丁男の増加を後押しした。 2. 新大陸からの作物が食糧事情を好転させた。 3.移民による満州珠江デルタの開発が進んだ。 4. 宣教師のもつ料学技術が工業の生産性を向上させた。
間 下線部Lについて、関連する説明として適切なものはどれか。
1. 前近代の中国王朝の時代は,10年の停滞した社会であった。 2. 有り余る労働力を田土に投入することで農業生産力は上昇した。 3. 大航海時代の始まりとともに16世紀の中国は西欧の搾取に苦しんだ。 4,明末清初の江南で発展した資本主義は帝国主義列強の進出で挫折した。

 

 


I 次の文章を読み, A ~Lに答えよ。解答はマーク解答用紙の所定欄に一つだけマークせよ。
国家同士が連合し、新たな国家を建設するということはヨーロッパではしばしば見られる現象であり,またその連 合が解消されることもまれではない。その一例をわれわれは東ヨーロッパに見ることができる。ポーランド人は、 966年にキリスト教に改宗するとともに, 10世紀頃建国し、14世紀前半に即位した|B | 大王のもとで隆盛を極め た。しかしドイツ騎士団の軍事的脅威が増すと, 14世紀末リトアニアポーランドが合同し|p|朝が成立した。 リトアニア=ポーランド王国は1410年にドイツ騎士団を撃破し, 1569年には両国の王位, 議会、外交, 通貨の統一が 実現し、バルト海から黒海にいたる広大な領土を支配することになる。しかし, 17世紀には衰退が進み, 18世紀にお ける三度のポーランド分割を経てポーランドは独立国家としては第一次世界大戦後まで姿を消す。 「国家連合としてより有名なのはイギリスであろう。正式国名である「連合王国」という呼称自体が、国家連合的な 性格をよく示している。16世紀にいたってもイングランド, スコットランド両王国は君主を異にする別の国家であっ た。しかし, 1603年スチュアート朝イングランドジェームズ1世(スコットランド王としては6世)のとき同君連 合が成立する。さらにイギリス革命(ピューリタン革命)の進行の中、オリヴァー=クロムウェルアイルランドな どをも包含する統一国家を建国したかに見えたが, 1660年の王政復古後、両王国は再び同君連合の状態に復した。 1688-89年の名誉革命後も同君連合の状態が続いたが, 1707年両国は完全な連合に至った。そして18~19世紀初め, イングランド, スコットランドは共同で対フランス戦争を行っている。しかし合回後もスコットランドは、独自の文 化を維持し続けた。しかし20世紀のアイルランド共和国独立は,スコットランド人の民族意識を高揚させることにな る。そして第二次世界大戦後, スコットランドでは再び政治的な独立を求める声が強まり,2014年に独立をめぐる住 民投票が実施されたが、激戦の上否決された。
聞A 下線部Aに関連して、10世紀ヨーロッパに起こった出来事はどれか。 1. クヌートがイングランドを支配した。 2. レビフェルトの戦いが起こった。 3.両シチリア王国が成立した。 4. メルセン条約が蓄結された。
問B | |に当てはまる人物はどれか。 1. カジミェシュ(カシミール) 2. ウワディスワフ
3. ミエシュ
4, スタニスワフ
間C 下線部Cに関して, ドイツ騎士団について誤った説明はどれか。 1. プロイセン(プロシア)はドイツ騎士団領をもとに建設された。 2. バルト海沿岸への東方植民を実施した。 3. 第三回十字軍のときアッコンで組織された。 4. フランス王フィリップ4世により廃絶された。
問p | p|に当てはまる語はどれか。
1. ピアスト 2. アールパード
3. プシェミスル
4. ヤゲウォ(ヤグロー)
世E 下線部Eに関してポーランド分割に関わった君主はだれか。 1. ビョートル1世 2. アレクサンドル1世 3. マリア=テレジア 4. フランツ1世
間F 下線部Fに関して、第一次大戦ポーランドの独立を認めた条約はどれか。 1. サン=ジェルマン条約 2. ヌイイ条約 3. トリアノン条約 4. セーヴル条約

 

 


問2 下線部合に関して, ジェームズ1世について誤った記述はどれか。 1. デューダー朝エリザベス1世のあとに王位に就いた。 2. カトリック復活を企て, ビューリタンの憤激を買った。 3.少数の大商人への独占権付与は,市民の批判を招いた。 4. 王権神授説を唱えた。
問H 下線部H に関して,イギリス革命(ピューリタン革命)の時代について誤った説明はどれか。 1.国王チャールズ1世は,短期議会の裁判で死刑を宣告された。 2. アイルランドでは,大規模な土地収奪が行われた。 3.議会会派の一つである水平派は,急進的な思想で知られる。 4. この革命の時期に、第一次イギリス=オランダ戦争(英蘭戦争が起こった。
問1 下線部に関して, オリヴァー=クロムウェルについて誤った説明はどれか。
1. 独立派の将軍として活躍した。 2. 議会から長老派を追放した。 3. 統率のとれた鉄騎隊を組織した。 4. 航海法の廃止に尽力した。
問」 下線部Jに関して, 18世紀から19世紀初めの英仏関係について,年代の古い順に2番目に当たるものはどれか。 1. フレンチ=インディアン戦争 2. ジョージ王戦争 3. 第一回対仏大同盟へのイギリスの参加 4. アン女王戦争
UK 下線部Kに関して, 18世紀のスコットランドを代表する学問や技術に当てはまらないものはどれか。
1. ヒュームによる懐疑主義的哲学の展開 2.スミスによる古典派経済学の創始 3. ワットによる蒸気機関の改良 4. ボイルによる気体力学の発展
問1 下線部Lに関して, アイルランドについて誤った説明はどれか。 1. 1850年代, 保守党は一連のアイルランド土地法を制定し、小作人の権利保護に当たった。 2. 古代にはケルト人が居住していたと考えられる。 3.聖パトリックは, アイルランド守護聖人として有名である。 4. 1801年, アイルランドは合同法に基づきイギリスに従合された。

 

 


I 次の文章を読み, 間A~Lに答えよ。解答はマーク解答用紙の所定欄に一つだけマークせよ。
コロンブスが大西洋を横断した15世紀後半以降, アメリカ大陸にはヨーロッパ各国が進出した。その後, ラテンア メリカで銭が多く発見され,その銀が各地に流通したことにより,世界的な海上交易はより一層活発なものとなった。 他方で,その銀がヨーロッパに大量に流入したことは,それら追域の梅価を高騰させ, 経済的混乱を招いた。
アメリカでは, 19世紀を通じてアメリカ合衆国が西に向けて進出した。とりわけ民主党から最初に大統領となっ たジャクソンの時代にそうした動きが活発になり,メキシコとの戦争後に獲得したカリフォルニアにおいて全鉱が発 見されると,いわゆるゴールドラッシュが起こった。 1899年には大陸横断鉄道が開通し、交通や通信網の整備が進め られると,他の天然資源にも恵まれたアメリカは,工業国として大いに発展した。
20世紀に入って以降のアメリカでは, 1929年の株価の大暴落に端を発する世界恐慌や2008年の大手金融機関の破綻 に端を発するリーマンショックなど, ニューヨークが世界的な金融・経済危機の震源となったり,各地で移民に関わ る問題や人種差別問題が起きるなど、世界から資金や人々が集まってきたが彼の負の側面も見られた。しかし,それ でもニューヨークは引き続き金融や商業に関する世界の中心であり続け,また,第二次世界大戦後は,西海岸でもア ップル, フェイスブック, マイクロソフト, グーグルなど, コンピューターやソフトウェア, 情報産業に関わる世界 的な企業が生まれてきている。世界からアメリカへの資金や人々の流れは当面滞りそうにない。
田A 下線部Aに関連して,コロンブスが大西洋を横断し,西まわりでアジアに向かおうとしたことに影響を与えた とされるトスカネリの出身地はどれか。 1, ローマ 2. フィレンツェ 3. パロス 4. バルセロナ
間B 下線部Bに関連して, スペインがアメリカ大陸とアジアとの間の交易のために開いた航路の組み合わせはどれ
。 1. アカプルコ - マニラ 2. タスコ - カリ 3. キト - アンボイナ 4. パナマ - バンコク
間C 下線部Cに関連して,そのことによって経済的な打撃を受けたアウクスブルクを本拠としていた一族はどれか。 1.ダイムラー 2. メディチ家 3. ロスチャイルド家 4. アッガー家
問D 下線部Dに関連して,同党から選出された大統領ではない者はどれか。 1. パラタニ オバマ 2, ビル ニタリントン 3. ロナルド=レーガン 4. フランクリン=ローズヴェルト
間E 下線部Eに関する説明として誤っているものはどれか。 1. 先住民強制移住法(The Indian Removal Act) に基づき, インディアンたちをミシシッピ川以西に移住さ
せた。 2.大統領選挙に勝った党派に連邦政府の官職を与え, 官感の交代を行うという,いわゆるスポイルズ = システ
ム(第宮前)を本格的に導入した。 3.連邦政府の財政強化のため, アメリカ合衆国公認の銀行を設立することを目指した。 4. その大統領の時代に、男子普通選挙制が推し進められた。

 

 


間F 下線部Fに関連して,その後に州となったカリフォルニアに関する説明として誤っているものはどれか。 1. 11年に日本と連合国との間で講和会議が開かれた。 2, 1945年に連合国側50カ国が参加した会議が開かれ, 国際連合憲章が採択された。 3. 20世紀初頭,多くの映画撮影所が現在のハリウッドに設けられた。 4. 西洋音楽とアフリカ音楽を融合し、独特のリズム感に加えて即興性も加味されるようになったジャズが生ま
,同ジャンルの流行の発信地となった。
間G 下線部Gに関連して,とくに大陸横断鉄道の西側からの建設に従事していた移民の主な出身地はどれか。
1. アイルランド 2. 中国 3. イタリア 4. ポーランド
問H 下線部Hに関連して, ワシントンD.C.ボルティモアとの間に電信線を敷設し、同区間での通信の成功に尽 「力した者はどれか。 1. マルコーニ 2. ベル 3. エディソン 4. モース(モールス)
間」 下線部」に関連して、石油王と言われたロックフェラーが市場の独占のために形成し, シャーマン法の適用の 対象となったものはどれか。 1. トラスト 2, コンツェルン 3. カルテル 4. シンジケート
間」 下線部」に関連して,世界恐慌とその後に起こった出来事に関する説明として誤っているものはどれか。 1. フーヴァーは世界恐慌に対して政府が介入することに消極的であったが、農作物などに高率の関税をかける
スムート ホーリー関秘法を制定し,各国の対アメリカ輸出を減少させた。 2. 世界恐慌の影響が波及したイギリスでは, 1991年に金本位制を停止して管理通貨制度に移行した。 3. ローズヴェルトは、大統領就任直後に銀行を救済し,その後、金本位制を停止して信用不安の一因となって いた金の流出を阻止するとともに, ロンドン世界経済会議において金本位制への復帰を拒否した。 4. フランスでは, 1932年になって世界恐慌の影響が現れたことから,同年, 金本位制を停止して管理通貨制度 に移行した。
間K 下線部Kに関連して, 1924年の移民法 (The Johnson-Reed Act)により, アメリカへの移民が全面的に認め
られなくなった国はどれか。 1. 日本 2. アイルランド 3. ドイツ 4. イギリス
間L 下線部Lに関連して,カリフォルニア州に本拠を置いていない企業はどれか。 1. アップル 2. フェイスブック 3. マイクロソフト 4, グーグル

 

 


N 次の文章を読み,空欄 - 13 | は,記述解答用紙の所定欄に適切な語句を記入せよ。下線部14は、 その概略について100字以内で説明せよ。なお, 句読点も1字と数える。
1993年11月1日, EUが発足した。欧州統合の構想を提起した思想家には,『永遠平和の構想」(1713-1716) を著 したサン=ピエールや,「永遠平和のために』(1795)を著した|1||等がいるが、第一次大戦後、日本人を母にも | 2|は大戦の傷跡を前に『汎ヨーロッパ」(19図)を出版して,平和的世界統一の前段階としての欧州統合を 呼びかけ,多くの反響を呼んだ。
第二次大戦による荒廃と,冷戦による世界の分断が進むなか, 欧州内の対立を解消して再興をはかろうとする動き が活発化する。1950年, フランス政府はジャン=モネの起草による | 3 を発表。独仏対立の火種を消すため,ル ール地方とザール地方の石炭・鉄鋼産業を隣接諸国の管理下に置く| 4|の設立を提案し, 1952年に発足させた。 | 5|はこれらの地方の資源が一元管理されると自国の産業政策で不利になることから結成に反対した。しかし、 この共同体は成功を収め, 1958年には | 6||7|が設された。さらに1967年にはこの3共同体が合併して ECが誕生した。当初の加盟国は西ドイツ, フランス, イタリア, ベネルクス三国の6ヶ国だったが,その後新たに、 アイルランド, イギリス, デンマーク, | 8 || スペイン, ポルトガルが加盟し, 1986年までに12ヶ国に拡大した。 1970年代の世界的な経済危機によるEC停滞の時代を経て,統合の遅れに対する危機感から,欧州委員会は1985年 に,非関税障壁の撤廃と単一市場の完成に向けた行動計画を示した域内市場白書を発表した。この白書をもとに作成 された | 9| が1987年に発効し, 1992年2月に, | 10 | 共通安全保障政策、司法・内務分野の協力の3本柱か らなるEUの創設を合意した」 11 |条約の調印に至った。
欧州統合による単一市場の成立は,世界経済に構造的変化をもたらした。アメリカは欧州経済が排他的ブロック化 に向かうものと警戒し, 1988年にカナダと自由貿易協定を締結し, 1994年にはメキシコ刺えて | 12 |を成立させ た。アジア太平洋地域では1989年に13 | | が発足した。アフリカでは, 1963年に結成されたアフリカ統一機構が協 力を強化し,2002年にEUをモデルとして、紛争の平和的解決や経済統合を目指すAUが結成された。 2012年、「EUが安定的に果たしてきた役割によってヨーロッパは戦争の大陸から平和の大陸に変わった」として EUノーベル平和賞が授与された。しかし、現実のEUは安定的な状態にあるわけではない。2009年のギリシア危 機以降に先鋭化した財政問題やイギリスの離脱問題などは、この平和的統合の大いなる実験にどのような影を落とし ていくのだろうか。

 

 

 

【大学受験】慶應義塾大学 法学部 過去問<世界史>2017




I
以下の文章の空 (1) (2) から (13) (14)に入る最も適切な語句を語群より選び, その番号を解答 用紙の所定の欄にマークしなさい。また, 下線部(ア)から(ウ), 及び [A]から[] に関する設問に答えなさい。 なお, [A]から[I]) にはそれぞれ現在の国名が入る。
国家をもたない世界最大の少数民族といわれるクルド人は現在2000万人以上いると推計され,居住地域は現在の(A) [B] [C] [D] にまたがっている。クルド人は現在の国家の枠内では相対的に少数であるが、もし独自の国家を樹立で きればそうではなくなる。国境をまたいでクルド人が行う運動を大きな政治的脅威ととらえる各国は、厳しい弾圧を繰り 返してきた。 [A]は民族的にも宗教的にも複雑であり, 1921年。 [G] の委任統治下で王国として成立した。1920年代から自治を要 求して反乱を続けるクルド人に対し,政府による大掃討作戦が実施された。[A]は[C]に侵攻し、この戦争中5千人 ものクルド人化学兵器で虐殺した。その後のクルド人蜂起も軍に鎮圧され, 100万人以上のクルド人が難民となった。
[B]はクルド人武将が12世紀に創始した(1) (2) 朝に支配された。19世紀になると(B)は、新たな王朝 の支配下におかれたが, ロシア, プロイセン, [G], [H] が参加した(3) (4)会議により撤退させられた。 第一次世界大戦後に[B] および [E]が[I]の委任統治領となり, [E] は1943年に独立した。
[C] は1501年に成立した (5) (6) 「朝で繁栄をきわめたが,1772年に支配下にあった [F] からの侵攻に よって首都が攻略された。19世紀前半には度重なる戦争に敗北し, ロシアとの戦争の結果締結させられた1828年
(7) (8) 条約は治外法権を含む不平等条約であった。これは元来絶対的であるべきシャリーアの危機として ウラマー層に深刻に受けとめられた。西欧列強への従属化を招いた専制支配への批判が高まり, 1906年には憲法が制定さ れたが、翌年に北部はロシア南東部は [G]の勢力圏となった。[F] もまた同じように勢力争いの舞台となり,1880年 に [G] の保護国となった。[C] では1921年に軍司令官がクーデタを起こし、抵抗したクルド人は鎮圧されて自治を奪 われた。
[D)は19世紀を通じて法律・行政・教育の西欧化を進めた。その結果、絶対性を誇ったシャリーアが相対化されて世 俗国家への移行が進展した。1853年に始まったロシアとの戦争では [G]と[I]の支援により勝利をおさめたものの、 戦費のために財政が破綻した。 (9) (10) が起草し,この国で初めて議会設立を規定した憲法は、翌年に始まっ たロシアとの戦争を機に停止された。この戦争の講和条約である (11) (12) 条約には(G)と [H] が反対し、 ビスマルクの調停で会議が開かれ新たな条約が結ばれた。その後さらに激化した列強の勢力争いは第一次世界大戦を引き 起こすが, この固時講和を呼びかけた。「平和に関する布告」は民族自決を謳っていた。1920年の (13) (14) 条 約ではクルド人自治が認められたが、1923年のローザンヌ条約では無視された。1924年憲法は、全住民を宗教・人 種の区別なしに [D] 人とみなすと規定している。翌年に起こったクルド人の反乱は鎮圧され, クルド人同化政策にさ らされた。公的な場でのクルド語使用が一切禁止となったが, クルド人は自らの言語を守り続けた。

 

 


【設問1
下線部(ア)の王朝において, 1881年に立憲制確立を目的に反乱を起こした人物を語群から選び, その番号を (15) (16)にマークしなさい。
設問2
下線部(イ)に関して,これを発表した人物の記述として誤っているものを下から選び, その番号を(17) (18) にマークしなさい。
[01]「土地に関する布告」では地主の土地を無償で没収し、土地私有権を廃止するとした。 [02] 秘密外交の廃止を訴え、列強による秘密条約を公表すると表明した。 [03] モスクワで第2インターナショナルを設立し、世界に革命を広めようとした。 [04] 戦時共産主義のもとで深まった農民の不満をとり除くため, 穀物の徴発をやめた。
【設問3]
下線部(ウ)の条約の内容として誤っているものを下から選び, その番号を (19) (20) にマークしなさい。
[01] スルタン制の廃止 [33] 関税自主権の回復
[02] ギリシアとの住民交換 [04] 治外法権の廃止
「設問4
後の地図の0からと,文章中の[A]から[D] の組み合わせとして正しいものを下から選び、その番号を | (21) (22)にマークしなさい。
D
[01] A = 0 [02) A = 0 [03] A = (0) [04] A = 0
B = ( B = ( B= B = 0
C = (
D C= 0 C = ( C=
= 0 D=6
= 0 =
D D
【設問5]
文章中の[E][F] の国名として正しい組み合わせを下から選び, その番号を(23)
(24)にマークしなさい。
[1] Eヨルダン
Fアルメニア
Fアフガニスタン
[02 Eレバノン [03] Eレバノン [04] Eヨルダン
Fアルメニア
Fアフガニスタン

 

 


[設幅6]
文章中の [G] [H] [1] の国名として正しい組み合わせを下から選び, その番号を(25) しなさい。
(26)にマーク
[0] Gフランス [02] Gイギリス [03] Gフランス [04] Gイギリス
Hオーストリア 「Hイタリア Hイタリア 日オーストリア
イギリス 1フランス 1イギリス 「フランス
01. アイユーブ 4. イプン=サウード 08. カルロヴィッツ」 II. サン=ジェルマン 15. ティムール 19. ヌイイ 23. ベルリン 27. ムスタファ=ケマル 31. ムワッヒド 35. ロンドン
02. アプガーニー
03. イプン=アブドゥルーワッハーブ 05. ヴェルサイユ
06, ウラーピー始パシャ (07. カイロ 109、サイイドアリー=ムハンマド
10. サファヴィー 12. サン=ステファノ 13. セーヴル
14. セルジューク 16. トゥグルク
17. トリアノン
18. トルコマンチャーイ 20. パリ
21. ファーティマ
22. ブレスト=リトアスタ 24. マムルーク
ミドハト=パシャ 26, ムスタファ=カーミル 28、ムハンマド=アブドゥフ 29. ムハンマド=アフマド 30. ムラービト 32. ラパロ
33. ルーム=セルジューク 3. レザー=ハーン

 

 


以下の文章の空欄 (27) (28) から (33) (34) |. 及び下線部(ア)から(カ)に関する設間の文章の 空欄 (35) (36) から (45) (46) 目に入る最も適切な語句を語群より選び, その番号を解答用紙の所定の 欄にマークしなさい。また, 下線部(キ)(ク)に関する設問に答えなさい。
パクス=ブリタニカとは、「イギリスの平和」を意味するラテン語であり,19世紀の大英帝国の繁栄を表す言葉である。 18世紀後半から19世紀にかけてのイギリスの世界的な拡義の過程に目を向けてみよう。
18世紀末にオーストラリアの最初の植民地となったのは, (27) (28) 植民地である。イギリスは多数の適用 因をこの土地に送り込んだが、次第に自由移民の数も増加していった。19世紀中頃に金鉱が発見され, ゴールドラッシュ がおきると,移民の数はさらに増大し,植民地の発展を促した。20世紀初頭にはオーストラリア連邦が誕生し、大英帝国 内の自治領となった。
イギリスのインド支配の担い手となったのは、イギリス東インド会社であった。イギリス東インド会社は, 1757年にフ ランスと協力したベンガル太守軍を破ると, 1764年には (29) (30)の戦いでムガル皇帝, ベンガル太守などの 連合軍に圧勝し,翌年, ムガル皇帝からベンガル (31) (32) 両地域の徴税権を授与された。またマイソール 王国とマラーター同盟を破ったイギリスは、南インドと中部インドを支配下においた。
イギリス東インド会社は,さらにシク戦争にてシク王国を破ると, パンジャープ地方を獲得し, 19世紀半ばまでに インドの全域を支配下においた。しかし, 1857年にインド大反乱が起きると,翌年, イギリスはムガル皇帝を廃し、東イ ンド会社を解散させ, インドを本国政府の直接統治下においた。1877年にはインドは、インド帝国となった。
中国におけるイギリスの帝国主義の展開は、武力を後ろ盾とした自由貿易の押し付けというかたちをとった。清朝は18 世紀半ばから西洋諸国との交易を広州一港に限定する管理貿易体制をとっていた。素や生糸などの輸入によって西洋諸国 で最大の清朝の貿易相手国となっていたイギリスは、マカートニーやアマーストを派遣して、貿易の自由化を求めた が,清朝はこれを拒否した。
イギリスは、輸入超過による貿易赤字を解消する手段として, アヘンの密輪に踏み切り、アヘン吸引は中国の深刻な社会 問題となった。1839年に, (33) (34)が林則徐を広州に派遣し、アヘンを厳しく取り締まると,翌年, イギリス は艦隊を派遣し, アヘン戦争が始まった。この戦争に敗北した清朝は,1842年に締結した南京条約によって, 長江以南の 5港の開港、香港島の割譲。賠償金の支払い,公行の廃止などを認めた。
アロー戦争が始まると, イギリス軍はフランス軍とともに、広州を攻撃し占領したのち, 天津まで迫った。1858年 に清朝はイギリス, フランス, アメリカ, ロシアの四カ国と天津条約を締結したが、その批准にやってきた英仏使節団を 清朝が配撃したことから,清朝と英仏は決裂し,戦争が再開した。1860年、英仏軍は北京を占領し、円明園を略奪し 破壊する蛮行をはたらいたうえで, 清朝と北京条約を締結した。これら2つの条約によって,清朝は外国大使の北京駐在。 開港場の増加, 九竜半島南部のイギリスへの割譲, キリスト教布教などを認めた。 このようにイギリスは18世紀末から19世紀にかけて世界中に進出し、オーストラリアなどの自治領植民地や, イン ドなどの直轄植民地、そして中国などの非公式帝国を擁した巨大な版図の帝国を形成し、かつてない繁栄を謳歌していく ことになった。

 

 


下線部(ア)に関し, マラーター王国は, 18世紀にマラーター諸侯の連合体であるマラーター同盟に移行する。この 王国の創始者は, (35) (36) である。
下線部(イ)のシク王国は, シク教徒が建国した国家である。シク教の総本山ハルマンディルのある都市は、 (37) (38) である。
下線部(ウ)のインド帝国は、インドとパキスタンの分離独立によって崩壊する。現在のパキスタンの国語は、 | (39) (40) 「語である。
下線部(エ)に関し, 1793年にマカートニーは, (41)
(42)の離宮にて, 乾隆帝に謁見した。
下線部(オ)に関し, アヘン戦争開始時にイギリスの外相であり, アロー戦争開始時にイギリスの首相であった人物 は, (43) (4) である。
(下線部(カ)の円明園の設計に携わった人物と同時代に活躍し, ブーヴェとともに『皇興全覧図』の作成に従事した イエズス会宣教師の中国名は, (45) (46) である。
下線部(キ)に関し,これら2つの条約によって清朝が新たに開港を認めた港の組み合わせとして正しいものを下から 選び, その番号を (47) (48)にマークしなさい。
[01] 南京、漢口, 大連。九江, 淡水 [02] 天津、福州,九江 青島, 台南 [03] 南京、天津、鎮江,台南, 淡水 [04] 天津、福州, 遠口, 淡水, 九江
(50)
下線部(ク)に関し、大英帝国自治領となった順番として正しいものを下から選び、その番号を (49) にマークしなさい。
[01] 南アフリカ カナダ→オーストラリア → ニュージーランド [02] ニュージーランド → カナダ→ オーストラリア → 南アフリカ [03] カナダ→ オーストラリア→南アフリカニュージーランド [04] カナダ→オーストラリア→ニュージーランド南アフリカ

 

 


01 アグラ 05. 嘉慶帝 09. 威豊帝 13. シヴァージー 16. シンド 20. ディズレーリ
02. アムリットサール 06. カシミール 10. グラッドストン 14. シャー=ジャハーン 17. タスマニア 21. デリー 25. トカラ 2. 三ザーム 33. ハイダル=アリー 37. ビハール 41. 北京 45. 南オーストラリア 49、郵世寧
03. ヴィクトリア 04, ウルドゥー 07, カーナティック 08. カビール 11, ダルカ
12.康熙帝 15. ジョゼフ=チェンバレン 18. タミル
19. 通網 22. 道光帝
23, 湯若望 26. ナーガールジュナ 27, 南藤仁二 30, 西オーストラリア 31 ニューサウスウェールズ 34. 白進
35. パーマストン 38, ビンディー
39 プクサール 42. ベンガル
43,奉天 46. 雷孝思
47. ラージプターナ
24. 同治帝 28. 南京
32. 熱河 36, ピット
40. プラッシ
44 ポンディシェリ 48. ラホール

 

 


問題
以下の文章の空欄(51) (52)から(61) (62) 及び下線部(ア)(イ)(オ)(カ)に関する設問の 文章の空欄に入る最も適切な語句を訪群より選び、その番号を解答用紙の所定の欄にマークしなさい。また, 下線部(ウ) (エ)に関する設問に答えなさい。
古くから多くの反乱や武装蜂起が起こってきたが、現政権・体制を倒して,自分たちがとって代わる意図を持っている か否かによって,その性格を異にすると考えられる。そして、近現代の革命では、体制そのものを一定の思想ないしイデ オロギーに基づいて根本的に変革しようとする目的が重要になる。
たとえば、ヨーロッパにおける大規模な農民反乱であったジャッケリーの乱やワット=タイラーの乱は鎮圧され、 崩壊するが,明確な体制変革の目標が, イデオロギー的に示されていたわけではなかった。エカチェリーナ2世治世下 のロシアで起こったプガチョフの乱は鎮圧され、農奴制の強化を導いたが、指導者プガチョフはツアーリを僭称していた。
それに対して, フランス革命では,旧体制の原理的否定とともに、まったく新しい体制・制度を築こうとする思想 が、大きな政治や社会の変革をもたらした。こうした思想と運動はその後の革命のモデルとなり,洋の東西を問わず、後 の時代の政治に大きな影響を及ぼすことになった。
19世紀のヨーロッパでは、社会主義の思想や運動の様々な潮流が見られ,その一部は、革命や革命運動で重要な役割を 果たすようになる。たとえば, 1871年のパリ=コミューンでは,社会主義者たちが活躍した。パリ=コミューンは,その 後第三共和政の初代大統領となる。 (51) (52)を首班とする臨時政府に弾圧されるが、その影響は大きかった。 社会主義運動の中では,『神と国家』の著作でも有名な革命家・思想家 (53) (54)などに代表される無政府主義 も台頭したが、主要勢力になるのはマルクス主義であった。

 

 


20世紀における革命やその企ての多くでは、マルクス主義の系譜に属する勢力が中核となった。社会主義体制を成立さ せたロシア革命は、スターリン独裁を生むこととなり,ソ連型の社会主義体制などと呼ばれるものをもたらした。 中国共産党中華人民共和国を成立させた過程では、農村を重視する革命戦略が重要であった。塩の密売人であった王 仙芝などが中心的指導者であった(55) (56) など,この地にはたびたび農民反乱が起こってきた。しかし, 中 国共産党の革命には、近代的な政治イデオロギーに基づいているなど,異なる性格を指摘できよう。
中国共産党による革命の成功の影響もあり、20世紀後半の発展途上国における革命運動の多くでは,非都市部が重視さ れた。たとえば、ラテンアメリカのある国では、革命の試みは失敗したが、毛沢東主義を掲げるセンデロ・ルミノッ が、まずは山岳部で勢力を拡大した。ラテンアメリカの国 (57) (58)では,ソモサの独裁を倒す革命が成功 した。中心的な役割を果たしたサンディニスタ民族解放戦線は,都市での闘争と並んで、農村ゲリラ戦も重視していた。
こうした近現代の革命とナショナリズムの関わりも重要である。19世紀においては, フランスでの革命がヨーロッパの 各地に影響を及ぼした。当時のヨーロッパの状況ゆえに,それらがナショナリズムと結び付くことも多かった。1830年七月革命の影響は、カルボナリの蜂起やベルギーの独立を引き起こした。後者は, ナポレオン戦争後の会議の結果, 地理的 には接しない国である (59) (60)の領有を離れて,オランダに併合されていた状況からの独立だった。1848年の二月 革命が影響を及ぼしたナショナリズムの動きの高まりの中では,ヨーロッパの重要な都市の一つである (61) (62) で、スラヴ民族会議(第1回)も開催された。20世紀における革命や革命運動の多くでも、ナショナリズムは重要な役割を 果たした。
[設問 (ア)同じ時期のヨーロッパで, 都市の人々によるチョンピの乱も起こった。それが起きた地は,現在の国でいえば、
(63) (64) にある。
(イ) 彼女と同じように啓蒙専制君主であるとされるプリードリヒ2世は、自らの思想を述べる『反(65) (66) 論』
を著した。(65) (66)は、外交官・政治家としても活躍し、重要な政治思想の著作を残した人物である。
(68)にマークしな
(ウ) プランス革命に関する記述として誤っているものを下から選び、その番号を(67)
さい。
[01] 山岳派が権力を掌握した時期には恐怖政治が行われ,ダントンやエベールなど,同じ山岳派の代表的指導者も
処刑された。 [02] フランス西部で農民を中心にして起こったヴァンデー反乱は,王党派の貴族や聖職者が指導し,反革命の性格を
持った。 [3] 国民公会は黒人奴隷解放宣言を決議した。 [04] 革命期には十進法が重視され, 度量衡が変更されるとともに, 1年を10か月とする革命暦が導入された。
(エ) この独裁に関する記述として誤っているものを下から選び, その番号を (69)
(70)にマークしなさい。
[01] オーウェルは, スターリンの独裁を寓意化して『動物農場』を著した。 [02] スターリン独裁は多数の福牲者を出すが、体制の重要な指導者の一人であり, スターリンよりも穏健な政策を
唱えたブハーリンも処刑された。 [03] 1936年制定のいわゆるスターリン憲法では, 複数政党が平等に争う選挙に基づく制度が規定されたが,実際に
は守られなかった。 [14] 農業集団化が進行し,ソフホーズ(国営農場)やコルホーズ(集団農場)の建設が強行された。

 

 


(オ) インカ帝国の首都であった都市をその領土に含む, この国は,
(71)
(72)
である。
(カ) 冷戦終焉前の米国の政権は,共産主義への対抗で独裁や軍政を支持することも多かったが,ソモサ独裁倒壊時の
政権は、人権外交の方針から少なからぬ独裁・軍政に厳しい態度を取った。その米国大統領は, (73) (74) である。
03. イタリア 07. オスマン
II, ケネディ
01. アルゼンチン
102. イギリス 05 エクアドル
06, オーストリア 09. グアテマラ
10. クールベ 13. 紅白の舌。
14, 黄巣の乱 17、スイス
18. スウェーデン 21 ティエール
22. トクヴィル 25. パターニン
26, パラグアイ 29 ブラジル
30、プラトン 33. プレハーノフ 34, プロイセン 37 ペルー
38 ポシュエ 41. ポーランド
42, ボリビア 45. ラサール
46. ラマルティーヌ 49. ローザールクセンブルク 50. ワルシャワ
15, サライェヴォ 19. スペイン 23. ニカラグア 27. ハンガリー 31. プラハ 35. ペテルブルク 39, ボーダン 43. マキァヴェリ 47, 季自成の乱
14. ウィーン 08. カーター 12. 黄巾の乱 16. ジョンソン 20. 赤信の乱 24. ニクソン 28 フィンランド 32. プルードン 36. ベネズエラ 40, ホッブズ 4, メキシコ 48. レーガン

 

 



題 IN
(100)に入る最も適切な語句を語群より選び, その番号を解答
以下の文章の空欄(75) (76) から (99) 用紙の所定の欄にマークしなさい。
慶應義塾大学法学部では1・2年生で語学と自然・人文・社会科学の教養科目, 3・4年生でゼミナールを中心に専門科 目を学び, 大学院でさらに高度な研究教育が行われる。こうした研究・教育の仕組みにどのような世界史的背景があり、 どのような変遷を経て現れてきたのか。考えてみよう。
古来、様々な文明が専門的知識を蓄積し継承する制度を生み出してきた。古代においては、紀元前16世紀から12世紀に かけてバビロニアを支配した (75) (76) による王国や,カデシュでエジプトと戦った国家とともにメソポタミアに 割拠したある王国から独立を回復したのち, 広大な版図を支配した国の王は,その首都に図書館を建設した。ヴァチカン 宮殿の「署名の間」に (77) (78) | が描いた壁画の中央付近に立つ哲学者が拓いたアカデメイアでは,その隣りに 描かれた哲学者も学んだ。科挙は全国から優秀な人材を登用する試験として整備され,唐代には (79) (80) が 国定の借学注釈書となった。マディーナ=アッサラームと名付けられた都市では,そこを首都として建設したカリフの曾孫 にあたるスンナ派のカリフが創設した (81) (82) で, ギリシア語文献等のアラビア語訳が進められた。トルコ系 イスラーム王朝の教育機関で教授を務めた (83) (84) は,『宗教諸学のよみがえり』を著した。
中世ヨーロッパでは、文法、論理(弁証), (85) (86)の3学とその他の4科からなる自由7科が、教養の基本 として教会や修道院で教えられた。やがて誕生した大学において,それは各専門学部のための基礎的な教養課程とされた。 たとえば『黙りと否』の著者である (87) (88) が活躍した都市で、13世紀頃に国王や教皇によって自治を認め られた大学では創設当時,それらの教養を教える学部を修了した者だけが専門学部に進むことができた。その大学では 『神学大全』の著者も教授を務めた。彼が属したドミニコ修道会神学者たちは,自由74の上位に哲学を位置づける教 養概念をもたらした。
ルネサンス人文主義宗教改革によりその教育内容は若干変化したが、大学は次第に停滞していった。近代科学の発 展から取り残されたかに見えた大学は,しかし19世紀には国民国家発展のための機関として復活した。ナポレオンの脅威 によってナショナリズムが高揚したドイツでは,それを表現した哲学者を初代総長としてベルリン大学1810年に設立さ れた。彼の影響を受けた『法の哲学』の著者 (89) (90) も,のちに同大学の総長となった。この二人に影響を 与えた (91) (92)|は『諸学部の争い』のなかで,社会的有用性を追究する諸学部と,それらを下支えし理性の 自由を探求する哲学部との緊張をはらんだ連関によって大学は成り立つとした。このような,大学は有用性によって国家 に貢献しつつ, 学問の自由を守るために政治権力から自律すべきだという発想が広まっていった。またベルリン大学など では、知識の伝授だけではなく学生自身が研究するゼミナールや研究室といった仕組みが導入された。国家発展の機関と しての大学は, 日本の帝国大学や, チャクリ改革を行った」(3) (94) の別名を冠して1917年に大学となった学校 など,近代化を進めるアジア諸国にも設立されていった。 一方, ベルリン大学などのドイツでの改革は、エリート層に文学などの教養を伝授する教育が中心だった米国の大学にも 波及した。その最初期の試みのひとつは、州の権限や自治を擁護した (95) (96)が大統領を辞したのち、故郷で 創設したヴァージニア大学である。そして1876年に創立されたジョンズ・ホプキンス大学は,従来の学部の上により高度な 研究型教育を行う大学院を初めて設置した。このモデルは成功し,その後の米国の発展とともに世界中に広まった。慶應 義塾大学法学部の制度やカリキュラムも,こうした世界史的展開を受け継いでいるのである。
また時代の変化とともに,大学での教養教育の目的や内容も変化した。教養とは一部の有関エリートの知的嗜みや徳性 歯治のためのものではなく、近代の自由な社会に生きるより広い人々に開かれ,それを自由に学ぶことで知性を自由にし、

 

 


独立した個人としての主体性を育むものだという考えが広まったのである。福澤諭吉が目指したのも、そのような教育で あった。そして社会関係がますます複雑化した現在、福澤の提唱した「実学」にもみてとれる,知識と経験を現在の問題 と関連づけてより豊かな未来をもたらす知性の機能を重視する道具主義の思想を大成した (97) (98) が、 自ら 教鞭をとった大学の「実験学校」で試み, またインド人のノーベル賞受賞者 (99)(100)がシャンティニケトンに 創設し、のちに大学となった学校で検索したような、批判的思考と他者への共感・想像力を培う大学の役割が重要になって いる。
11. アズハル学院 02. アダム=スミス 03. アッカド
アベラール 05. アムル人 06, アルクイン
07. アンセルムス 08. アンペードカル 09. イブン=シーナー 10. イプン=ルシュド 11. ウィリアム=オプ オッカム 12. 音楽 13. ガザーリー
14. カッシート人 15. カーバ聖殿 16. ガンディー 17. カント 18. 幾何学
19. ゲーテ 20『五経正義』 21.『五経大全』 22.コント
23、算術 24. ジェファソン=デヴィス
25. シェリング
.『四書大全』 27. シハヌーク 28. ジャクソン 29. 修辞
30 シュタイン 31. シュメール人 32. ジョン=ステュアート=ミル
3 シラー 34. ジンサー 35.『水経注』 36, スペンサー
37. 『斉民要術』 38, タゴール 9, タバリー 40. デューイ
41. 天文 42. トマス=ジェファソン 43 ニザーミーヤ学院 4. ネルー
5. パイト=アルヒクマ 46 ハルデンベルク 47. フィヒテ
48 プラマンテ
49. フワーリズミー 50 プンセン 1. ヘーゲル 52, ベンサム
53, ヘン=サムリン 54, ボッティチェリ 55. ミケランジェロ 56、ミタンニ人
57. ラファエロ 58 ラーマ4世 9. ラーマ5世
60 リンカン 61. レオナルド=ダ=ヴィンチ
62、ロジャー=ベーコン 3. ロック
64, ワシントン

 

 

 

【大学受験】慶應義塾大学 文学部 過去問<世界史>2017


解答は別紙の解答欄に記入しなさい。
I 以下の文章を読み、空欄(A)~(J)に最も適切な語句を記入し,下線部(1)~(5) に関する各設問に答えなさい。
中央アジアの(A)=ハン国は, 14世紀半ば頃 マーワラーアンナフルと呼ばれるアム川 からシル川にかけての地域を中心とする西部と, モグーリスタンと呼ばれる草原地帯である東部に分裂 した。トルコ化・イスラーム化が進んだ西部では, アミールと呼ばれる各地の部族の統率者たちが覇権 争いを繰り広げた。有力アミールの一人であったディムールは, 1370年、この抗争を制して新たな政権 を樹立した。モンゴルの伝統を尊重し、チンギス家に属する女性を要ることで自らの威信を高めたティ ムールは, アミールたちの抵抗を巧みに退けつつ, モダーリスタンやアム川下流域のホラズム地方に 度々遠征した。こうして政権の樹立から約10年間で中央アジアの支配権を握った後、旧モンゴル帝国 領の再統一を目指し,大規模な征服活動を開始するのである。 イランとイラクを中心とする地域では, フラグを創始者とするモンゴル政権が14世紀半ばまでに衰 退し、その後、大小の諸勢力が分立する状態が続いていた。ティムールは, 1380年代以降、これらの 勢力を次々と攻略した。この過程で、のちにティムール朝の首都となるアフガニスタン北西部のヘラー トを獲得したほか, イラン北西部のタブリーズ, イラン南部のシーラーズ, イラクバグダード などの重要都市を手中に収めた。また, 14世紀後半のアナトリアとパルカン半島では, オスマン朝バルカン半島東南部の(B)を征服して首都に定め,この都市を拠点に領土の拡張を進めていた。 1389年にスルタンとなったバヤジット1世は, コンスタンティノープルを包囲してビザンツ帝国を 追い詰め, 1396年には(C)の戦いでハンガリー王ジギスムントの率いる連合軍を撃破した。この 強力なオスマン朝に対しても戦いを挑んだティムールは, 1402年にアンカラの近郊でオスマン朝軍に 勝利し, パヤジット1世を捕虜とした。
南ロシアの草原地帯では, 14世紀後半, チンギス=ハンの長子ジュチの子孫を君主とする遊牧国家の 統一が失われ, ティムールの支援を受けたトクタミシュがその支配権を奪取した。その後、両者の 関係が次第に悪化すると, ティムールは北方遠征を敢行してトクタミシュの軍を破り,さらにカスピ海 に注ぐ(D) 川の流域に進軍し、首都サライを破壊した。(D)用の中流域では, 1438年に モンゴル系のカザン=ハン国が成立した。また, ティムールは1398年にアフガニスタンを経由して
北インドに侵攻し、デリー=スルタン朝の支配下にあったデリーを占領した。ティムールは間も なくサマルカンドに帰還したが, パンジャープ地方の統治を委ねられたヒズル=ハンは, 1414年に デリー スルタン朝の第4の王朝である(E)朝を建てた。
このように各地で大きな戦果をあげたティムールは、中央アジア, アフガニスタン, イラン, イラク に及ぶ大帝国を一代で築きあげた。こうした大帝国の構築には, トルコ・モンゴル系遊牧民の軍事力 だけでなく, イラン系定住民のもつ経済力も必要不可欠であった。そのため,ティムールはサマル カンドを始めとする都市の開発や商業の振興にも尽力した。

 

 


1405年、ティムールは東方遠征の途中, シル川中流域のオトラルで病死した。その後の混乱を治め、 ティムール朝の第3代君主となったシャー=ルブは、サマルカンドを中心とするマーワラーアンナフル の統治を長子の(F)に委ね、以前より自身の拠点であったヘラートに首都を移した。西方では 領土の一部を失ったが、明朝との外交関係を修復して友好を保ちつつ、国内ではイスラーム法を尊重し、 農業・商業・文化の振興や育成に努めた。そのため、約40年に及ぶシャー=ルフの治世は,ティムール 朝を通じて最も安定した時代となった。 ティムール朝治下のサマルカンドやヘラートでは, イラン=イスラーム文化の伝統を受け継いだ華 やかな都市・宮廷文化が開花した。歴代の君主は, モスクや高等教育施設であるマドラサ, 墓廟。 庭園、宿泊施設、公衆浴場などの建築事業に熱心に取り組み、自らの威光とイスラームへの敬度な姿 勢を民衆に示した。ティムールは, 征服地から多数の職人をサマルカンドに移住させ、巨大なピピ= ハヌム=モスクを建設させた。学問・文学・芸術の諸分野も君主らの保護を受けて発展した。優れた 学者でもあった(F)は, サマルカンドに建設した天文台で天体観測を行い,天文学暦法の発 達に大きな役割を果たした。また, ペルシア語や(A)語による文学活動も盛んに行われ,王朝 末期のヘラートで活躍した文人ナヴァーイーは、(A)語文学の確立に貢献した。
1447年にティムール朝の第4代君主となった(F)は、間もなく息子との戦いに敗れて謀殺さ れた。その後、アプー サイードが混乱を収拾して権力を掌握したが、この君主が1469年に没すると、 ディムール朝はサマルカンド政権とヘラート政権に分裂した。この頃のサマルカンドでは, イスラーム神秘主義教団であるナクシュバンディー教団の指導者が、宗教的な権威や莫大な財産を背景に,政治 にも強い影響力を発揮するようになった。サマルカンドとヘラートの両政権は,シャイパーニーニバン の率いる遊牧民である(G)人の攻撃を受け, 1500年と1507年に相次いで滅んだ。以後、中央ア ジアはシャイパーン朝の支配下に入った。中央アジアの支配を断念したティムール朝の王子バーブルは、 アフガニスタン東部の(H)を本拠にして北インドへの進出を開始し, 1526年にデリーやアグラを 占領してムガル朝を創設した。
他方, アンカラの戦いに敗れて崩壊の危機に瀕したオスマン朝は, 15世紀半ばまでに復活を果たし、 その後もさらなる領土の拡大と支配体制の集権化を進めた。1453年にコンスタンティノープルを征服 してビザンツ帝国を滅ぼした後、 1475年にクリミア半島を拠点とするクリム=ハン国を従属させ,さら にアナトリアとパルカン半島の大部分を支配領域に加えた。16世紀に入ると, イランのサファヴィー朝 が, キジルバシュと呼ばれるトルコ系遊牧民の支持を得て勢力を伸ばし, アナトリア東部の支配をめ ぐってオスマン朝と対立するようになった。オスマン朝の第9代スルタンである(I)は, 1514年 にアナトリア東部の(J)でサファヴィー朝軍を撃破し、当面の脅威を除くことに成功した。この 戦いでオスマン朝の勝利に重要な役割を果たしたのは,イェニチェリ軍団を中核とする強力な 常備軍であった。このように, 15世紀初頭の危機を克服したオスマン朝は,その後も東地中海世界に おいて着実に拡大と発展を続けたのである。

 

 


設問(1) 9世紀後半にアッバース朝から事実上独立して下線部(1)の地域を支配し, 999年にカラ
ハン朝に滅ぼされたイラン系イスラーム王朝の名称を記しなさい。
設問(2) フラグが下線部(2)の都市を攻略し,アッパース朝を滅ぼしたのは何年であるか,記しな
さい。
設問(3) 下線部(3)に関連して, 1世紀初頭、聖戦の名のもとに北インドへの略奪的な遠征を繰り
返したガズナ朝最盛期の君主の名前を記しなさい。
設問(4) 下線部(4)に関連して, セルジューク朝の宰相二ザーム=アルムルクが統治下の主要都市
に創設した一連のマドラサを何と呼ぶか,記しなさい。
設問(5) 下線部(5)の人員を補充するため, バルカン半島を始めとする征服地のキリスト教徒の
男子を強制的に徴用するオスマン朝の徴集制度を何と呼ぶか、記しなさい。

 

 


I 以下の文章を読み, 空欄(A)~(J)に最も適切な語句を記入し,下線部(1)~(5) に関する各設問に答えなさい。
現在のヨーロッパ西南端に位置しアフリカ大陸に向き合うイベリア半島は,古くから様々な民族の 侵入を受けたが、そのおかげで多様な文化をはぐくんできた。この半島には太古の時代から人類が居住 しており,1879年には旧石器時代に描かれた(A)の洞穴絵画が発見されている。紀元前10世紀
頃からは, ケルト人がこの半島に定住するようになり,さらには東地中海の(B)人やギリシア人 が到来し植民都市を建設した。たとえば,(B)人は、現在のカディスに植民都市を建設した。 その後、紀元前6世紀頃には,カルタゴがこの地域に進出し,やがてイベリア半島で勢力を拡大した。 ローマとのポエニ戦争の際には、この半島のカルタゴ都市も重要な役割を果たした。紀元前218年から 始まる第2次ポエニ戦争では,カルタゴの指揮官ハンニバルは、戦象を含む大軍勢をひきつれ「新カル タゴ」と呼ばれていた南東部のカルタヘナを出発し、陸路半島を北上しイタリアへと向かった。最終 的に, ハンニバルが拠点としたこの半島は、紀元前206年までに, (C)を指揮官とする遠征軍に よりほぼ制圧され, ローマの支配下に入り,やがてヒスパニアの諸国として整備されることとなった。 ヒスパニアの各地では,他の地方と同じようにローマ的な都市の建設によりローマ化が進められて いった。セゴビアに残る水道橋などに、当時のローマ支配の痕跡を見ることができる。ローマ時代。 ヒスパニアは、農業生産地としてのみならず鉱物資源の供給地として重要な役割を果たし,またトラ
ヤヌス, ハドリアヌス, テオドシウスなどこの地にゆかりのある皇帝を輩出し、さらには著名な詩人や 哲学者などを生みだした。たとえば、皇帝ネロの助言者をつとめたが、最終的に自殺を強要された ストア派の哲学者(D)もヒスパニアコルドバの生まれである。
キリスト教も, ローマ帝政期初期にはこの地に伝えられ,次第に浸透していった。313年にコンス タンティヌス大帝によりキリスト教が公認され,さらに392年にデオドシウス帝により国教とされると, ローマ帝国は地中海周辺全域におよぶキリスト教帝国の様相をとるが, ヒスパニアもその重要な一部 を形成した。しかし,西ローマ消滅の頃から,ゲルマン系の西ゴート人がこの地域のローマ系住民を 支配するようになった。彼らは,当初 異端であるアリウス派キリスト教を信奉していたが、 6世紀にカトリックキリスト教に改宗した。6世紀から ( E )を首都とした西ゴート人の王国 では、キリスト教文化が花開き、「語源』を著した(F)大司教(G)などの教会知識人が 現れた。 しかし,7世紀初頭にアラビア半島イスラームが興ると、地中海世界は一変し、やがてキリスト教 勢力圏とイスラーム勢力圏に2分されることになった。632年のムハンマドの死後, イスラーム勢力は 周辺領域への征服を開始し,西では北アフリカを制圧し,711年にジブラルタル海峡を渡り、イベリア 半島に侵入した。イスラーム勢力は、数年のうちに半島のほとんどの地域を支配するようになり, さらにピレネー山脈を越えて現在のフランス中部まで進出したが、732年のトゥール・ポワティエ間の

 

 


戦いでメロヴィング家の宮宰カール=マルテルにより撃退された。その後756年には,東方での アッパース朝の成立をうけてこの地に逃れてきたウマイヤ家の一族アプド=アッラフマーンにより, 後ウマイヤ朝コルドバを首都として樹立された。現在コルドバ司教座聖堂として使用されている 建物は,彼の治世に建設が始まった大モスクである。この時代以降, イスラーム勢力の支配下でも キリスト教徒やユダヤ教徒の存在も許されていたが, 北部を除くイベリア半島の大部分はイスラームの 勢力圏となった。叙事詩(H)は,この時代のフランク王の対イスラーム戦役とロンセスヴァリェス でのプルターニュ辺境伯の悲劇的敗死を想定して歌われたものである。 11・12世紀頃になると,西ヨーロッパ・カトリック世界は、人口も増加し政治的・経済的にも力を つけ, 周辺領域へと進出・拡大していくようになった。この時期に始まる 十字軍やドイツの東方 植民などの運動は,その例である。イベリア半島に関しては,北部の諸国がこれまでもかろうじて カトリックキリスト教圏にとどまっていたが,とりわけこの時期以降勢力を拡大していくことになる。 その結果北部での政情がより安定し,ますます多くの巡礼者がピレネー山脈のかなたから巡礼の道を 通り,半島北西部の(I)へと向かうようになった。(I)に祭られる聖人は, イスラーム 勢力に対する戦争においてキリスト教徒の守護聖人とみなされるようになっていた。1085年には (E)がキリスト教王国により征服されたが,その地は,その歴史的経緯からキリスト教ユダヤ教徒, イスラーム教徒が共存し,古典古代やイスラームの学問を研究・翻訳する中心地のひとつ として栄え,西ヨーロッパ中から多くの学者をひきつけ「十二世紀ルネサンス」の知的運動の一翼を になった。 11世紀以降, イスラーム勢力圏では、後ウマイヤ朝の権威が衰退し、群小諸王国の時代を迎えるが、 北部のキリスト教諸王国は, これに呼応するかのように徐々に拡大・発展していき, 13世紀前半までに カスティリャ, アラゴン, ポルトガルの3王国が主導権を握るようになった。この後の「レコン キスタ」を主導したのは,この中でもとりわけカスティリャアラゴンであった。イスラーム勢力圏は、 一時期新たに侵入したムワッヒド朝により再統合されるかに思われたが, 1212年にムリッヒド朝の イスラーム軍がラス=ナパス=デ=トローサでキリスト教諸王国の連合軍に大敗を喫すると,その後 「レコンキスタ」は大きく進展することとなった。1236年にはグアダルキビル川沿いのコルドバが、 1248年にはその下流にある(F)が陥落した。(F)には12世紀にムワッヒド朝により建設 された大モスクが存在したが、そのミナレットは現在も大司教座聖堂の鐘楼ヒラルダの塔として残存 している。13世紀後半以降残ったイスラームの主要勢力は,最南部のナスル朝のみとなるが, この王朝 はカスティリャに臣従することにより15世紀まで存続した。
レコンキスタ」は、14世紀の間一時停滞するが, 15世紀に再び大きく進展した。1469年にカスティ リャの王女イサベルと後のアラゴン王フェルナンドが結婚し,1479年に「スペイン王国」が成立した。 1492年, この両王によりナスル朝が滅ぼされ、「レコンキスタ」は完了した。ナスル朝がその首都 (J)に建築した壮麗な宮殿は, イベリア半島におけるイスラーム文化最後の輝きを現在まで

 

 


伝えている。「レコンキスタ」を成し遂げた両王は,今も(J)の大司教座聖堂に葬られている。 (J)が陥落した1492年は,まさに,両王の庇護を受けた コロンブスが半島南端の港町バロスを 出帆した年だった。多様な民族・宗教・文化が織りなしてきたイベリア半島の歴史は,ある意味。 象徴的にこの年に大きな転換点を迎えたと言えるであろう。
設問(1) 下線部 (1)のアリウス派の他にも、5世紀には正統教義に反するものとして,ネストリ
ウス派と単性論派が異端とされた。この時単性論派を異端と決定した公会議の名称を答え なさい。
設問(2) 下線部(2)に関して, 1187年に十字軍支配下イェルサレムがサラーフ=アッディーンの
攻撃により陥落したことをうけて,第3回十字軍が組織され、神聖ローマ皇帝をはじめプラ ンス王やイングランド王がこの十字軍に参加した。この十字軍に参加したイングランド王の 名前を答えなさい。
設問(3) 下線部(3)の時代に先進的なゴシック様式に改築され,やがてフランス王家の中心的墓所
となるパリ郊外の修道院(聖堂)の名称を答えなさい。
設問(4) 1282年に地中海のある島でフランス王家の傍系アンジュー家支配に対する民衆反乱が勃発
した後, 下線部(4)の王国はこの島の領有権を求めて戦争を行い財政悪化を招き、王権の 議会への依存を強めることになった。この島の名称を答えなさい。
設問(5) 下線部(5)に関連して,コロンブスは,天文地理学者トスカネリの地球球体説の影響を
受け、大西洋を横断する西回り航路でアジアに直接到達できると信じて出港したが、意に 反してカリブ海に到達した。コロンブスが最初に到達し、自ら命名した島の名称を答えな
さい。

 

 


III 以下の文章を読み、空欄(A)~(J)に最も適切な語句を記入しなさい。
16世紀以降, アラブ地域は長きにわたりオスマン朝の領土となっていたが、第一次世界大戦が始ま ると、オスマン朝からの分離独立を目指す気運が急速に高まりを見せた。そうした中、預言者ムハン マドの出身家系である名門(A)家の一員であり, アラブ独立運動の指導者でもあったフセインは イギリスとの間に交わしたフセイン・マクマホン協定に基づき, 1916年にオスマン朝に対して反旗を ひるがえした。フセイン自身は自らの拠点であるイスラームの聖地メッカにとどまったが、反乱軍を 率いた彼の息子(B)は1918年にダマスクスを占領し,そこを拠点に将来の独立国家建設に向け。 た準備を進めた。しかし、大戦中にイギリスが秘密裏にフランスおよびロシアと交わしたサイクス・ ピコ協定では, オスマン朝の領土となっていたアラブ地域のうちイラクパレスチナはイギリスの、 ダマスクスを中心とするシリア地方はフランスの支配下に置かれることになっていた。1920年のサン= レモ会議において,国際連盟の要請に基づく委任統治として英仏によるアラブ地域の帝国主義的分割が 正式決定されると, シリアのアラブ独立派は激しく反発し、同年シリアの独立を宣言した。しかし, フランスはもちろんのこと, フセイン・マクマホン協定にてアラブ人国家建設を認めたはずのイギリス もこの独立宣言を承認しなかった。孤立無援の(B)はフランスによりシリアから追放され、 シリアは予定通りフランスの委任統治領となった。なおこの後, フランスは委任統治領シリアから レバノンを分離させ, シリアとは別個の委任統治領とした。
アラビア半島に目を向けると, 1916年にフセイン自身がアラビア半島西岸に建国した(C)王 国は,その後イブン=サウードにより併合された。イブン=サウードはアラビア半島をほぼ統一し, 1932年サウジアラビア王国を建国することになる。このほか, アラビア半島の西南端部では, 1918年に シーア派の一派ザイド派がイエメンの独立を達成していた。
一方, イギリスはイラクに(B)を国王とする王国を成立させたほか、当初は委任統治領パレ スチナの一部であったトランスヨルダンを分離させ, パレスチナとは別個の委任統治領とした。イラ クとトランスヨルダンにおけるイギリスの委任統治が比較的安定して推移したのに対して, パレスチ ナにおける委任統治は困難を極めた。当時のパレスチナではヨーロッパから移住してきたユダヤ人と, アラブ系ムスリムをはじめとする現地の人びととの間で対立が深刻化していた。ユダヤ人移民増加の 背景としては, 19世紀後半以降ロシアにおいて激化した(D)のようなヨーロッパにおける反ユ ダヤ主義の動きや, ユダヤ人の国家建設を目指す(E)運動などに加え, パレスチナにおける ユダヤ人国家の建設にイギリスが同意したバルフォア宣言の影響が指摘できる。両者の対立の激化は、 最終的にイギリスに委任統治の継続を断念させ,その後のイスラエルの建国と第1次中東戦争を経て、 大量のパレスチナ難民を生み出すにいたる。 パレスチナと境を接するエジプトでは, 19世紀前半に(F)の地位にあったムハンマド = アリーが2度にわたりオスマン朝と戦火を交えた結果、(F)の世襲権を獲得し、自立化の傾向を

 

 


著しく強めた。しかし,その後はスエズ運河の建設など大規模な公共事業の実施が財政を圧迫し、 イギリスなどの介入を招くことになった。1882年, エジプト民族運動の原点と言われるウラービーの 反乱を鎮圧した後、イギリスはエジプトを占領下に置き,さらに第一次世界大戦の開戦後は正式に 保護国とし,戦後の独立をちらつかせて戦時体制への協力を強いた。終戦後、(G)党を中心に 独立運動が高まりを見せると, イギリスは1922年にエジプトを独立させ, エジプト王国が成立した。 しかし,イギリスはスエズ運河地帯駐屯権をはじめとする種々の特権を留保しており,それは完全な 独立と呼べるものではなかった。そのため,その後のエジプトの民族運動にとり, イギリスからの 完全独立の達成が喫緊の課題となった。1936年に結ばれた(H)条約は、エジプトの主権がおよぶ 範囲をさらに拡大するものであり,完全独立の実現に向けて大きく前進したものの、依然スエズ運河 地帯におけるイギリス軍の駐留継続が認められていた。第1次中東戦争での敗北後、エジプト軍内に 組織された(1)が1952年にクーデターにより王政を打倒すると,(I)の中心人物であった ナセルは交渉の末, イギリス軍をスエズ運河地帯より撤退させることでイギリスと合意した。さらに、 1956年にナセルが(J)の建設資金を調達するためにスエズ運河を国有化すると,運河の再支配を もくろむイギリスはフランスおよびイスラエルとともにエジプトに侵攻し、スエズ戦争(第2次中東 戦争)が起きた。アメリカをはじめとする国際社会を味方につけたナセルは早期に停戦へと持ち込む ことに成功し、長年にわたるイギリスのスエズ運河支配は遂に終焉を迎えたのだった。

 

 


V 以下の文章を読み、空欄(A)~(J)に最も適切な語句を記入しなさい。
ハプスブルク帝国」とは,ハプスブルク家が統治した多様な国の総体を示す歴史学上の呼称である。 その後継国家のオーストリアは, ナチス・ドイツの最初の被侵略国であり1955年以降の永世中立国と いうイメージが先行しているが, この帝国の歴史は東南欧への拡大の歴史であった。
ハプスブルク家はスイスのライン川上流域の小領地から西南ドイツに所領を拡大して, 1273年に 同家のルドルフが神聖ローマ帝国ドイツ王に選出されてからオーストリア公国を手に入れた。1526年 に初めてベーメン王国と「ハンガリー王国」を世襲領に編入すると,オーストリアハプスブルク家 の支配領域は、神聖ローマ帝国内外に拡大した。オスマン帝国の勢力後退が決定的となった1699年の ( )条約以降, さらに東方へと領域を拡大することになる。
1713年にカール6世は, ハプスブルク家内諸領邦との交渉により,世襲領の不可分の原則および 女性の相続を可能にする国事詔書を承認させ, 1740年にその子でロートリンゲン公と結婚していた マリア=テレジアが広大なハプスブルク家世襲領を継いだ。しかし、プロイセン王フリードリヒ2世は 父の認めた国事詔書の効力に疑義を唱え,同じくそれに不服だったバイエルンザクセンにスペイン・ フランスが加わり, オーストリア継承戦争が起きた。1748年の(B)の和約ではプロイセンにシュレ ジエンが割譲されるが, マリア=テレジアのハプスブルク家世襲顔の継承権は認められ,国事詔書は 1918年の君主国崩壊まで効力を持ち続けることになる。その後, シュレジエンの奪還を目指したハプ スブルク家は、カール5世とヴァロワ家の(C)との間に生じた皇帝選挙をめぐる争い以来。
長らく続いてきた国際的な対立関係を劇的に転換させたものの, イギリスの財政的援助を受けたプロ イセンに決定的勝利を収めることはなかった。
そもそも, 1804年までハプスブルク家の支配領域全体について公式の名称はなかった。この年、 ナポレオンによって神聖ローマ帝国が消滅すると,残ったハプスブルク家の支配する国が1867年まで 「オーストリア帝国」を正式の国家名称とした。この年, オーストリアが外交上の失敗に媒介されて ハンガリーとの(D)により立憲制の二重制へと移行し「オーストリア=ハンガリー帝国」となる。 バルカンではセルビアが独立を宣言した。オーストリアが盟主だったドイツ連邦から除外され, ハプ スブルク家の統治する地域が国家としてまとまりを得た翌年であった。
プロイセンを中心にドイツ帝国が成立すると, ハプスブルク家を君主とする地域が国家としての 一体性を確立していくプロセスとともに, オーストリアのバルカンへの拡張政策が強化された。1875年 にボスニア・ヘルツェゴヴィナオスマン帝国の地域行政に対する住民の反乱が起きたことから,オー ストリアは1876年、ロシアとバルカンにおける両国の勢力範囲を取り決める密約を交わした。オース トリアの合意を得たロシアは1877年, ギリシア正教徒の保護を口実に露土戦争を起こして,翌年 ( E )条約が締結された。その結果, ロシアは領土を拡大し、セルビア・(F)・ルーマニア は独立した。またブルガリアは領域をエーゲ海沿岸まで拡大し,自治を認められてロシアの保護下に

 

 


おかれた。しかし, オーストリアとイギリスは, ブルガリアを利用したロシアのエーゲ海進出を阻止 する目的で干渉し,誠実なる仲買人」を自称したドイツ宰相ビスマルクが (G)会議を開催した。 その場で(E)条約は破棄され, マケドニアを含んでいたブルガリアの領土はバルカン山脈以北 へと縮小された。セルビア・(F)も独立は国際的承認を受けたが,獲得領地を大幅に返還する ことになる。バルカンにスラブ系の大国を作らせないことが密約で合意されていたためである。ポス ニア・ヘルツェゴヴィナは,イギリスの提案により,そしてロシアとの合意のとおり,オーストリア= ハンガリーが占領して共同管理下においた。占領下2州の正教徒住民はむしろセルビアとの合併を 望んでいたため, オーストリアムスリム系住民を支配に多用することになる。 イギリスのバルカン政策の主目的は長い間ロシアに対するオスマン帝国の領土保全にあった。しかし、 ロシア・フランスが中東および極東でイギリスと対立するような植民地政策をとり,皇帝ヴィルヘルム 2世も世界政策を開始すると,イギリスにとって、黒海と地中海を結ぶ(日)両海峡問題の重要性 は減少した。ビスマルクの仲介に応じてイギリスが1895年に結んだ「地中海協商」は期限切れを迎え。 オーストリアが対ロシア政策においてイギリスの力を借りる道は閉ざされることになる。 1908年にはオーストリアボスニア・ヘルツェゴヴィナを併合する。ハプスブルク皇帝は「併合」 が文明と繁栄への道であることを力説しながらこれを正当化した。ロシアは(H)両海峡問題と 引き換えにこの併合を支持していたが,今度はイギリスがボスニア問題をめぐる国際会議の開催を 要求した。しかしドイツの支援を得たオーストリアがそれを拒絶し,さらにオーストリアの支援を 得たプルガリアが完全に独立した。その翌年, オーストリアセルビアに対する予防戦争をめぐる最後 通牒を突きつけることに関してもドイツから同意を獲得した。 1912年に(1)がオスマン帝国領のトリポリキレナイカを奪って植民地とすると, ロシア主 導で結成されたバルカン同盟がオスマン帝国に宣戦して, イスタンブルを除くヨーロッパ領とクレタ島 を得た。その際, オーストリアセルビアアドリア海への出口を得ることのないよう(1)の 独立を強硬に推し進めることになる。その後, ブルガリアの得た領土が過大であるとして,周辺諸国が 攻撃を仕掛けた第2次バルカン戦争が生じた。 バルカンの情勢が流動化していた1914年6月28日, オーストリア帝位継承者のフランツ=フェル ディナント夫妻がボスニアの首都サライェヴォでセルビア系住民に暗殺された。この日は1389年のコツ ヴォの戦いにおいてセルビアオスマン帝国軍に敗れた記念の日にあたった。ハプスブルク帝国は、 国民国家による帝国主義的な国際関係のなかで、自国内に「周縁」を作り出すことで自らの危機を克服 しようとしたが,それが帝国の構造への脅威となっていくのである。

 

 

 

【大学受験】慶應義塾大学 経済学部 過去問<世界史>2017


I ロシア革命ソヴィエト社会主義共和国連邦に関する次の文章を読んで、問1~問3に答えなさい. 解答は,設問 で指定された場合を除いて,すべて番号で解答用紙の(解答欄 A] の所定の欄に記入しなさい。
社会主義国家の建設は,人類の夢と希望を託された壮大な実験だった。その実験は, ロシア革命によって始まったの ではなく, 長い前史をもっている。
帝政ロシアの改革は, A ウィーン体制下, (a)即位の際の(ア)の乱に始まる. クリミア戦争を経て,(b) 「は農奴解放令を出したものの, cポーランドの反乱後、専制政治を強化した. Dナロードニキと呼ばれるインテリゲン
ツァたちは,農村共同体のなかに社会主義の萌芽を見出し,それを基盤にした社会変革を目指した。 しかし, ナロード | ニキの運動は,1881年の(b)の暗殺によって座礁し、また同年に E ポグロムが始まった。
その後, 19世紀末には, マルクス主義に基づく(イ)党が結成され, まもなく, ボリシェヴィキメンシェヴィキに 分かれた。 日露戦争のさなかの血の日曜日事件を契機とする第1次ロシア革命の後, 1917年の二月(三月)革命 十月十一月)革命という二つの革命を経て、世界で最初の社会主義政権が樹立された。 Fその際に出された布告は, 第一次世界大戦の戦後処理のあり方にも大きな影響を与えている。 1922年に「ソヴィエト社会主義共和国連邦」が成立するが,その国名は,地域名を入れず、「ソヴィエト」, H「社会 主義」, 「共和国」, 「連邦」という四つの概念によって構成されたものであり,新しい時代の幕開けを示唆していた。 しかし,その後のスターリン体制下で行なわれた大粛清は,Lポルポト政権下の大虐殺と並んで、人類史上に 残る社会主義の汚点となった。
問1
上の文に関して、以下の(1),(2)に答えなさい。
(1) 上の文中の(a),(b)に入る適切な人名を、次の人名群1~6から選びなさい。
[人名群) 1. アレクサンドル1世 2. アレクサンドル2世 3. エカチェリーナ2世 4. ニコライ1世 5.ニコライ2世 6. ピョートル1世
(2) 上の文中の(ア), (イ)に入る適切な語を,[解答欄B) の所定の欄に記述しなさい。
問2 下線部Aに関連して, ウィーン体制の成立から崩壊に至る経緯を,下にあげた5つの語をすべて使って,「解答
構B) の所定の欄の範囲内で説明しなさい。
正統主義
1848年革命
ナショナリズム
ナポレオン
ロシア

 

 


問3 下線部Bに関連して、以下の(1)~(3)に答えなさい。
(1) この戦争でロシアと戦ったオスマン帝国の当時の元首の人名を、「解答欄B] の所定の欄に記述しなさい。
(2) オスマン帝国に関する次の1~5の出来事を年代の古い順に並べ替え,左から記入しなさい。
1. ギュルハネ勅令発布 2. クリミア戦争開始 3. 青年トルコ革命勃発 4. ミドハト憲法発布 5.露土戦争終結(サン=ステファノ条約締結)
(3) クリミア戦争は, ロシアに近代化の遅れを認識させることになる。次のグラフのb, C, eの国を,下の国名群
1~6から選びなさい。ただし, a, dの両国は,この戦争でオスマン帝国側について戦った国である。
世界の工業生産に占める各国の構成比 |-(a) -- (b) (C)-米- (d) --


187
181-85
1896-1900
1998-10
1913
1925-2
1996-36
【資料出所] League of Nations, Industrialization and Foreign Trade より作成。
【国名群)
1. アメリカ 4. 日本
2. イギリス 5. フランス
3. ドイツ 6. ロシア(ソ連)

 

 


| 問4 下線部C に関連して, ポーランドの分割について述べた次の文章の中から,誤りを含む文章を1つ選びなさい。
1. ヤゲウォ朝が断絶した後、選挙王割でポーランド国内が混乱していることに乗じて, プロイセン, オーストリア,
ロシアは,それぞれポーランドから領土を奪った。 2. フランス革命のさなか、プロイセンとロシアは第2回の分割を行なった。 アメリカ独立戦争に参加した経験の
あるコシューシコの率いる義勇軍の反乱も鎮圧された。 3. プロイセン, オーストリア, ロシアは, ナポレオンによる大陸封鎖の混乱のなかでポーランドのすべての領土を
「分割し,ポーランドは国家として消蔵した。 4. ポーランドは、第一次世界大戦によって独立を回復したが, 独ソ不可侵条約を結んだドイツ, ソ連の両国から
第二次世界大戦で侵攻され、分割占領された。
問5 下線部Dに関連して,以下の(1)~(3)に答えなさい。
(1) 次の文章は, ナロードニキの運動に影響を与えたと言われる著作の一部である。著者は,第一インターナショナル
マルクス派と対立したロシアのアナーキストである。この著者名を,下の人名群1~4から選びなさい。
「わが国の人民は,明らかに援助を必要としている。彼らはひどい絶望状態にあり、どこかの一村だけを 決起させるだけではとても間に合わない。たしかに、たとえ失敗しようとも、反乱はどんなものでもつねに 有益だが,部分的爆発では不十分である。すべての村を急遽決起させねばならない。これが可能であること は、(a)や(b)の率いた大規模な人民の運動が証明している。
(資料出所は、省略する。)
人名群) 1. パクーニン
2. プハーリン
3. プルードン
4. ベルンシュタイン
(2) 上の文章の(a)には17世紀後半に,(b)には18世紀後半にロシアで起こった農民反乱の首謀者の人名が入
る.その人名を、「解答欄 B] の所定の欄に記述しなさい。
(3) 上の文章の波線部に関連して,農奴解放令が出されても,農民の境遇の改善がそれほど進まなかった理由を。
[解答欄 B] の所定の欄の範囲内で説明しなさい。

 

 


問6 下線部Eに関連して, この「ポグロム」(ユダヤ人に対する組織的な虐殺)の十数年後、フランスではドレフュス
事件が起こった。この点について、以下の(1)~(3)に答えなさい。
(1) プロイセン=フランス戦争以降の独仏関係にかかわる次の1~4の出来事を年代の古い順に並べ替え,左から
記入しなさい。
1. ドイツがオーストリア, イタリアと三国同盟を結ぶ。 2. ドイツがロシアとの間に再保障条約を結ぶ。 3.フランスがイギリスとの間に英仏協商を結ぶ。 4. フランスがロシアとの間に露仏同盟を結ぶ。
(2) ドレフュス事件に際して、「オーロール(略)』紙上に大統領宛公開状を発表し, ドレフュスの無罪に尽力した
作家の名前を人名群から,また,その作家の代表作を作品群から選びなさい、 作家名については解答欄(a)に、 作品名については解答欄(b)に,それぞれ答えなさい。
(人名群) 1. スタンダール 4.フロベール
3.バルザック
2.ゾラ 5. モーパッサン
[作品群)
1.赤と黒
3.脂肪の塊
2. 居酒屋 5.ボヴァリー夫人
4.人間喜劇
(3) ポグロムドレフュス事件を経て、シオニズムが運動として組織化されていく, シオニズムとは何かを,「解答
欄 B] の所定の欄の範囲内で説明しなさい。
問7 下線部Fに関連して、以下の(1),(2)に答えなさい。
(1) 次の史料a~cは, 1917年から1918年に発表された演説の記録または文書の一部である.このうち2つは、 「ロシアで発表されている。史料cを発表した人物名を「解答欄B] の所定の欄に記述しなさい。

 

 


公正な,または民主的な講和は,...無併合(すなわち,他国の土地を略奪することも他の諸国民を強制的 に統合することもない), 無賠償の即時の講和である。
ロシアにおける現在の時機の特異性は,プロレタリアートの自覚と組織性とが不十分なために権力をプル ジョワジーにあたえた革命の第一段階から,権力をプロレタリアートと農民の極貧層の手にあたえなけれ ばならない革命の第二段階への移行ということである。
われわれが、この戦争の結末として要求することは,われわれに特殊なことではまったくありません.... 一四, 大国と小国とを問わず,政治的独立と領土的保全とを相互に保障することを目的とした明確な規約 のもとに,国家の一般的な連合が樹立されねばならない。
(資料出所) 歴史学研究会編『世界史史料10』
(2) 上の(1)の史料avcを古い順に並べ替え,適切な順序を示すものを次の1~6から選びなさい。
1.a→b→ 4.b→c>a
2.a→C→b 5.c→a→b
3.b→a→c 6.c→b→a
問8 下線部Gに関連して,「ソヴィエト」について述べた次の1~4の文章の中から,誤りを含む文章を1つ選びな
さい。
1.第1次ロシア革命の際に,各工場の労働者や各地の農民が自主的に代表を選出して、ソヴィエトと呼ばれる評
議会を結成し, これが革命を推進する力となった。 2.第一次世界大戦中、労働者や兵士がペトログラードでソヴィエトを組織し、臨時政府成立後もこのソヴィエトが
存続したために,二重権力状態となった。 3.ドイツでは, ロシア革命政府とブレスト=リトフスク条約を結んだ後、キール軍港で水兵の反乱が起こり,ソ
「ヴィエトと同義のレーテが次々に結成された。 4. 中国では、江西省端金で毛沢東を主席とする中華ソヴィエト共和国臨時政府が成立した後、蒋介石が南京に国
民政府をたてて国共分裂となった。

 

 


問9 下線部Hに関連して,次の文章の(a)~(e)に入る適切な人名をそれぞれ下の人名群から選びなさい、
社会主義共産主義の思想は, マルクス主義によって代表されるわけではない、古代ギリシアでは、哲人王による 統治を理想とした(a)の『国家』のなかに,一種の共産主義的構想が見られルネサンス期には(b)の 『ユートピア』にやはり共産主義的社会を見ることができる.しかし,フランス革命のなかで, このような机上の 理想社会を政治革命によって実際に樹立しようとした(c)の出現によって、共産主義は思想から運動へと進展 していく。
イギリスで労働者の待遇改善に努めた(d)は,アメリカで共産主義村の建設を試み、また,協同組合運動で 先駆的な役割を果たした。 フランスでは、『労働の組織』の著者である(e)が, 1848年の二月革命に際して臨時 政府に閣僚入りした。
[(a)~(c)の人名群) 1. アリストテレス 2. エラスムス 4.トマスーモア , パブーフ 7. ルソー
8. ロベスピエール
3.ソクラテス 6.プラトン
(d)・(e)の人名群) 1. エンゲルス 4.フーリエ
3.サン=シモン
2.オーウェン 5.ルイ=ブラン
問10 下線部1に関連して,各国の共和政について述べた次の1~4の文章の中から,誤りを含む文章を1つ選びなさ
1. ローマでは、紀元前6世紀に, エトルリア人の王を追放して共和政が成立し、2名の執政官が選出された。当
初は貴族しか執政官になれなかったが、リキニウス=セクスティウス法により、1名の執政官は平民より選ば
れることとなった。 2. イギリスでは, 17世紀にピューリタン革命が起こり,国王チャールズ1世が処刑されて、共和政が樹立された。 | クロムウェルが終身の護国卿に就いたが、その死後、チャールズ2世が王政復古を行なった。 3.アメリカでは,独立戦争に勝利した13植民地の独立がパリ条約で承認された後, フィラデルフィア憲法
制定会議で, アメリカ合衆国憲法を制定し,人民主権を基礎とする共和政の採用が決められた。 4.フランスでは,立憲君主政を定めた憲法が発布された翌年にルイ16世が処刑された結果、男子普通選挙による
国民公会が成立して、共和政が宣言された。 しかし, ジャコバン派が独裁権をにぎって, 恐怖政治に陥った。

 

 


| 問11 下線部」に関連して, 1922年に「連邦」を構成していたロシア, ベラルーシ, ウクライナ, ザカフカスの4か国
のうち, ザカフカスの位置を次の地図上の1~6から選びなさい。
E対
問12 下線部Kに関連して、ソ連に関する次のa~cの出来事が起きた時期を,下の年表中の空欄1~8から選びな
さい。(重複使用不可)
a, スターリングラードでドイツ軍を降伏させる b, 日本に対して参戦する c. フィンランドに宣戦する
レーニンが死去する
2
第1次五か年計画を開始する
3 国際連盟に加入する
スターリン憲法を発布する |
| 独ソ不可侵条約を結ぶ
日ソ中立条約を結ぶ
ヤルタ会談が開かれる
| 問13 下線部Lに関連して, シハヌークが1970年に追放されてから, 1993年に再即位するまでのカンボジア内戦の経緯
, 【解答欄 B] の所定の欄の範囲内で説明しなさい。

 

 


I 16世紀以降の中国を中心とした東アジアの国際秩序について述べた次の文章を読んで、以下の問14~問20に答えなさ い. 解答は,設問で指定された場合を除いて,すべて解答用紙の(解答欄 A] の所定の欄に記入しなさい。
16世紀に入ると,明を中心とした東アジアの国際秩序は大きく変化しはじめた。(ア)は,モンゴル勢力を率いて明 をおびやかし, 16世紀なかばには北京を包囲した。 女真諸部族を統合した(イ)が17世紀に入って建国した後金は後 に清と改称し, A中国全土へと支配を広めていった。 またヨーロッパ諸国の東洋への関心の高まりにともない 国際 交易におけるアジアの重要度も増した。
c19世紀後半以降には諸外国による東アジアへの進出が本格化し,とくに p清が日清戦争に敗北すると,諸外国は 清での勢力拡張を争った。清国内でも清朝打倒をめざす動きが加速し, E辛亥革命が起こって清朝は滅亡した. F第一 次世界大戦以降、国共対立と協調が錯綜する状況が続いたが,第二次世界大戦後には中華人民共和国が成立した。
「問14 上の文章中の(ア), (イ)に入る適切な人名を、次の人名群1~6から選びなさい。
【人名群)
1. アクパル 4. ヌルハチ
2.アルタンーハン 5. パープル
3. エセン=ハン 6.ホンタイジ
問15 下線部Aに関連して,清朝が設置した理藩院はどのような役割をもったか,解答欄 B] の所定の欄の範囲内で
説明しなさい。
問16 下線部Bに関連して次の文章を読み、以下の(1),(2)に答えなさい。
スペインは、(ア)から(a)に銀を送り,そこで中国産の絹織物などと交換する(ア)貿易を行なった、ポ ルトガルは, 16世紀半ばに明から(b)での居住権を得て中国貿易の根拠地にし, 19世紀に正式にこれを植民地 化した、オランダは、17世紀前半に,(c)に要塞を築き東インド会社の根拠地とした。 イギリスは,同国商館員 らがオランダ人に殺害された(d)事件が17世紀前半に起こると,インド経営に注力していった。
(1) 上の文章の空欄(ア)に入る適切な地名を、「解答欄B] の所定の欄に記述しなさい。

 

 


(2)上の文章の空欄(a)~(d)に入る地名を示す場所として適切なものを,下の地図中の1~8からそれぞれ
選びなさい。(重複使用不可)
E0
備考:国境線は現在のもの。
問17 下線部Cに関連して,次の史料a~cは,清とイギリスの間で結ばれた条約の一部である(必要に応じて文章の
一部を省略し、表現を変更した,また,史料cの[X] にはある河川名が入る). これらに関する以下の(1)~(4) に答えなさい。
第1条 ...(A)で締結された条約の批准書の交換のために英国使節が北京に入ることを妨げた大活の部 隊の行為により友好関係の断絶が生じたことに対し、中国皇帝は深甚なる遺襲の意を表する。 第4条 本条約署名の日をもって中国皇帝は貿易のために(A)港を開港するとの同意がなされる。 第6条 ...中国皇帝は大英帝国女王...に九産の一部を割譲することに同意する。
第3条 ...中国皇帝は大英帝国女王...に(ア)を割譲する。 第5条 中国政府は英国商人に対し、(B)で特許を与えられた特定の中国商人のみと取り引きするよう 強いてきたが, 中国皇帝は...この制度を廃止することに同意する。
第2条 将来の協調をよりよく維持するために,大英帝国女王と中国皇帝は、大英帝国女王が...北京宮に 大使、公使、あるいは他の外交代表を任命できる...ことに同意する。 第10条 英国商船は[X] での交易権を有するものとする.... 英国商船はまた([X]上流では)(C)までの諸港で...交易を認められるものとする。
(資料出所は、省略する。)
(1) 上の史料a~cの条約を締結された年代の古い順に並べ替え、適切な順序を示すものを次の1~6から選び
なさい。
1.a→b→c 4.5→C→A
2.a→g→h 5.C→a→b
3.b→a→C 6.c→b→a

 

 


(2) a~cの条約中の(A)~(C)に入る地名の場所として適切なものを、次の地図上の1~8からそれぞれ選び
なさい。(重複使用不可)
a) = (0) ES UNE ORALERTALDE, TOMED I
NO


| E10
備考:国境線は現在のもの。
(3) bの条約中の(ア)に入る地名として適切なものを、次の1~4から選びなさい。
1. 香港島
2.新界
3,威海衛
4. 上海
(4)bの条約中の波線部の制度が始まった時の中国皇帝名を、「解答欄 B] の所定の欄に記述しなさい。
問18 下線部Dに関連して,以下の(1),(2)に答えなさい。
(1) 次の文章は,アメリカの国務長官が、諸外国駐在の合衆国大使に発した文書の一部である(必要に応じて文章の
一部を省略し、表現を変更した), この国務長官の人名を下の人名群1~6から選びなさい。
我々は北京の状況を実質的な無政府状態とみなしている....我国の目的はこの混乱の他地域への波及や再発を 防ぐうえで他の列強と協力することにある....政府の方針は,中国に恒久的な安全と平和をもたらしうる 解決策を求め, 中国の領土・行政の実体を保全し、 ...中国全域での平等公正な交易という原則を世界のために 守ることである。
(
HF) Michael D. Gambone, Documents of American Diplomacy.
[人名群)
1, ケロッグ 4. ハル
2. シャーマン 5. マーシャル
3. ジョン=ヘイ 6.ランシング

 

 


(2) この文書が出された時期として適切なものを、次の年表中の空欄1~6から選びなさい。
下関条約が締結される | 2
コ ロシアが東清鉄道敷設権を獲得する
3 ] 北京議定書が調印される
| 日英同盟が成立する
日露協約が成立する
問19 下線部Eに関連して、辛亥革命が勃発してから清朝が滅亡するまでの経緯を、解答欄 B] の所定の欄の範囲内
で説明しなさい。
問20 下線部Fに関連して,以下の(1),(2)に答えなさい。
(1) 第一次世界大戦後の中国に関連した次の文章の中から,誤りを含む文章を1つ選びなさい。
1. パリ講和会議で二十一か条要求取り消しの求めが退けられると,中国ではヴェルサイユ条約への反対や排日の
動きが五・四運動に発展したため, パリの中国代表団は同条約への調印を拒否した。 2. 孫文が中心となって中国国民党が成立し,次いで、雑誌「新青年』を刊行し新文化運動を牽引した陳独秀
指導者とする中国共産党が, コミンテルンの支援をうけて成立した。 3. 九か国条約で中国の主権尊重・領土保全などの原則が確認され,さらに, 上海での労働争議を契機に五・
三○運動が展開したため,日本は山東省の旧ドイツ権益などを中国に返還した。 4. 孫文中国共産党との協力をめざし、中国国民党大会において,中国共産党員の中国国民党への加入の容認。
「連ソ・容共・扶助工農」の方針の採択を導いた。
(2) 満州事変以降,第2次国共合作が成立するまでの経緯を,下にあげた5つの語のうち3つを使って,「解答欄
B] の所定の欄の範囲内で説明しなさい。
上海クーデター
西安事件
中ソ友好同盟相互援助条約
・一宣言
盧溝橋事件

 

 

 

【大学受験】立命館大学 全学統一方式(文系・2/4)過去問<日本史>2018


I 次の文章を読み、(a)~(t)の問いに答えよ。なお、設問中の史料は読みやすく
改めている箇所がある。 「遣隋使や遣唐使随行した留学生・留学僧は,隋・唐の新たな法や制度を日本に 伝えたが,一方で、より密接な関係にあった朝鮮半島高句麗百済新羅の法・ 制度にも強い影響を受けた。大化改新の段階で新たに設定された, 五十戸で編成さ れる行政単位は,百済などの制度に倣ったものとされる。また, 冠位十二階の制に
始まり、7世紀を通じてたびたび改定された冠位の制度も,大陸・半島の影響によ るものであった。
663年の白村江の敗戦を経て、強固な中央集権体制の確立が早急に求められるよ うになると、法・制度の整備が急務となる。9世紀、嵯峨天皇の時代に編纂された 格式の序には,「天智天皇元年に至り、令十二巻を制す。世人の所譜 | A]朝廷 の令なり」とあり,天智天皇の時代に令が編纂されたとされるが、巻数が | B 天皇の時代に施行された飛鳥浄御原令と同じという点もあり,その存在を疑問視す る意見も出されている。その飛鳥浄御原令の施行に伴い、翌年戸籍が作成され,以 後6年ごとに造籍が試みられるようになる。 8世紀になって,刑部親王藤原不比等らによって編纂された大宝律令が完成し、 施行された。この律令は律6巻・令11巻からなり,のちに編纂される養老律令が、 当時太政官の首班であった|c|により施行されるまで、半世紀以上の間、律令 政治の基盤となった。律・令ともに完全な形では残存しないが,令の内容は,9世 紀に編纂された養老令の私撰注釈書である | D | の記事により、一部うかがい知 ることができる。
718年に藤原不比等により編纂された養老律令は,律令ともに10巻で、内容的に は大宝律令と大きな相違はないものとされる。律の一部と、令の大半が | p|な どから知られるが,律は基本的に唐の律に倣ったもので、五刑と称される罪人の刑 罰の内容などが示されている。これに対し、令は行政法民法としての性格を有す るもので、ここでは律令官人の組織として二官八省とその職務内容や、位階・官職 に対して与えられる俸禄や勤務評定、公文書の形式, 班田収授と田制、租・膚・ 調・雑修などの農民の負担に関する規定、都の防備や各国に配された兵士、関所や 市の設営、公式の衣服の規定など、多様な内容が盛り込まれた。
唐の令とは異なる点として、太政官と並び | E | がおかれ、国家の祭祀を掌っ た。また, 日本令独自の編目として僧尼令があり,僧尼の生活が細部にわたり規制 され、違反した場合の罰則などが示された。
律や令の規定は基本的な方針を示したもので、その施行細則として式が制定され、 また情勢の変化に応じてその内容を補足・変更するために、格が出された。格は天 皇の命令である詔勅や,太政官から下位の部局に対して発せられる符の形を取るも のが多く、ときには令の基本方針を大きく改めるものも存在した。格や式は9~10 世紀に取りまとめられたが、式の方は、10世紀初頭に編纂された | F | からその 内容が知られる。 「官人の制についても、必要に応じて令に既定のない官職が設けられた。三位以上 の位をもつ公卿の会議に,四位の者でもこの官職につくことで参加が認められた
G | は,早い段階でおかれた令外官の例であるが、平安時代初期の桓武天皇嵯峨天皇の時代に,複数の令外官がおかれ、重要な役割を果たした。地方行政を整 える目的で国司の交代を管理するために設けられた | H|や、天皇の秘書的性格
(
をもっ|I|などで、令制の官人より実質的に強い権限をもつ場合もあった。
(a) 下線部のに関連して、遣隋使に随行して留学し、帰国後大化の新政府で国博
士の地位に就き,のち自身が造唐使として派遣され,書で死去した人物は誰か。
もっとも適切な人名を答えよ。
(b) 下線部に関連して、次のあ~るの史料のうち、大宝律令制定以前の7世紀
の段階で作成されたものとして、適切でないものを一つ選び,記号で答えよ。 あ(表)辛卯年十月尾治国知多評
(裏)入家里神部身口口 の (表)丁酉年若狭国小丹生評岡田里三家人三成
(裏)御調塩二 3 三方郡弥美郷中村里 別君大人三斗
永昌元年己丑四月,飛鳥净御原大宮那須国造追大专那須直韋提,評督被賜。 (c) 下線部に関連して、当初第五位の大礼の冠位を有したが、遣隋使としての
功績により第一位の大徳に昇進したとされる人物は誰か。もっとも適切な人名
を答えよ。 (d) 下線部のに関連して、次の史料文の空欄ィ|と下線部東宮太皇弟に該当
する人物の組み合わせとして、もっとも適切なものを下のあ~ののなかから一 つ選び,記号で答えよ。 「(天智十年正月)奏卯大錦上中臣金連、命にして神事を宣る。この日に | |をもって太政大臣に揮す。蘇我赤兄臣をもって左大臣とす。中臣金連 をもって右大臣とす。(略)甲辰、東宮太皇弟奉宣して、戦本に伝はく, イ 宣命す。冠位・法度の事を施行す。天下に大赦す。法度・冠位の名は、具に新律令
に載せるなり。」
(『日本書紀)
中大兄皇子大海人皇子 G イ 大海人皇子 大友皇子
大友皇子 大海人皇子
草壁皇子 大津皇子 (e) 空欄 | A|にあてはまる。 もっとも適切な語句を答えよ。 (f) 空欄 | B | にあてはまる. もっとも適切な天皇名を答えよ。 (g) 下線部に関連して、この戸籍の名称を答えよ。 (h) 下線部の藤原不比等が朝廷の政務に関わった時代に行われた政策に関する 史料として、適切でないものはどれか。下から一つ選び,記号で答えよ。
それ銭の用なるは、財を通わして有無を貿易する所以なり。当今、百姓な お習俗に迷ひて未だその理を解せず。僅かに売買すといえども,なほ銭を蓄 ふる者なし。その多少に随ひて節級して位を授けよ。それ従六位以下、蓄銭 一十貫以上有る者には,位一階を進めて叙せよ。十貫以上には二階を進めて
叙せよ。 の太政官奏すらく、「このころ百姓漸く多くして田池管狭なり。望み請ふら くは、天下に勧め課せて、田疇を開閣せしめん。それ新たに滞池を造り開墾 を営む者あらば、多少を限らず、給ひて三世に伝へん。もし旧き溝池を逐は ば、その一身に給はむ」と。 これより先,一品舎人親王, 勅を奉じて日本紀を修す。ここに至りて功成 て奏上す。紀州巻、系図一巻なり。 昔殿王五たび遷して中興の号を受く。周后三たび定めて太平の称を致す。 安んじてもってその久安の宅を遷せり。方今, 平城の地、四禽図に叶ひ、三 山鎮を作し,亀療並びに従ふ。宜しく部屋を建つべし。その営構の資は,事 条に随ひて奏すべし。
(『続日本紀』)
「でんちゅう かいぎょく
(i) 空 |c|にあてはまる。もっとも適切な人名を答えよ。 (i) 空欄p]にあてはまる。もっとも適切な語句を答えよ。 (k) 下線部のに関連して、五刑のうち最高刑である死刑は、仏教思想の影響もあ り薬子の変以来永らく行われなかったが、上皇天皇の対立による騒乱に際し
再び行われた。この騒乱を何というか。もっとも適切な語句を答えよ。 (1) 下線部に関連して、太政官の左弁官が管轄する省の職務について述べた史
料として、適切でないものを下から一つ選び,記号で答えよ。 6 掌らむこと、出納、諸国の調および銭、金,銀, 珠玉,銅, 鉄, 骨, 角, 菌, 羽, 毛, 森, 帳幕。権衡、度量、売買の低価,諸方貢献の雑物のこと。
掌らむこと、内外の文官の名帳、考課、選叙, 礼儀、版位、位記、勲績を 校定し、功を論じ封賞すること,朝集、学校、貴人を策試すること、縁腸、
仮使、家令を補任すること、功臣の家の伝, 田のこと。 O 掌らむこと、諸国の戸口の名籍のこと、賦役、孝義、優復、 免、家入。
奴婢、橋道、津済、薬池, 山川, 藪沢のこと,諸国の田のこと。 2 掌らむこと,本姓、継嗣, 婚姻、祥瑞, 喪葬、贈脚、国忌, 草, および諸 春の朝霧のこと。
(「令義解』職員令)
(m) 下線部のに関連して、自弁で調や盾を都へ輸送する農民を何と呼んだか。
もっとも適切な語句を答えよ。 (n) 下線部TOに関連して,次の史料の空欄| ハ|および|ニ|にあてはまる。
もっとも適切な数字をそれぞれ漢数字で答えよ。
「およそ兵士の上養せむは,京に向かはむは | ハ | 年,防に向かはむは ||年、行程数えず。」
(「令義解』軍防令)
(o) 空欄 | E | にあてはまる。もっとも適切な語句を答えよ。 (p) 下線部Dに関連して、当初僧尼令の規定に反する行動を展開しているとして、
朝廷から名指しで批判されたが、のち大仏造立などに協力して大僧正の位を与
えられた僧は誰か。もっとも適切な僧の名を答えよ。 (g) 下線部に関連して、荘園制の展開に伴い、太政官符など中央官庁の文書で
不輸の権が認められた荘園を何と呼んだか。もっとも適切な語句を答えよ。 (r) 空欄 | F]にあてはまる式の編纂に加わった。 ときの左大臣は誰か。もっ
とも適切な人名を答えよ。 (s) 空欄 | G | は731年に正式に設置され,大臣, 納言につぐ重職とされた令
外官である。これにあてはまる. もっとも適切な語句を答えよ。 (t) 下線部の空欄 | H | および | |I| にあてはまる語句の組み合わせとし
て、もっとも適切なものを下から一つ選び, 記号で答えよ。 あ H 検非違使I 勘解由使 G H 蔵人頭 I 検非違使 ○ H 検非違使I 蔵人頭 2 H 勘解由使I 蔵人頭

 


II 次の文章(1]・[2]を読み、(a)~(o)の問いに答えよ。なお、史料は読みやす く改めている箇所がある。 [1] 鎌倉時代には、荘園・公領制のもと交通の要衝や寺社門前などで月三回の市
が定期的に開催されるようになり,室町時代、とりわけ応仁・文明年間以降に は、美濃国大矢田市, 山城国宇治郷市をはじめ,|A|が一般化した。
また、鎌倉時代後半には,農村へも銭貨が普及して,荘園年責の代銭納が広 まり、「泊々の | B, 漆々の|c | 浦々の| D |」(『庭訓往来』)と 並び称されるような, 商品の中継・運送業や遠隔地間取引が発達した。
交通の発達と物資の運搬は、同時に流通に課税することで収入を得ようとす る動きをもたらした。『太平記』はその冒頭、新たに設けられた関所が関銭の 徴収によって「商売往来の撃、年貢運送の墳」となっていることを記している し、応仁・文明の乱前夜には、 | E |沿岸の河上諸関において、実に380カ 所の関所が林立し,洛中衰微の因とされたほどであった。また乱のさなかに
室町幕府は,内裏修理を名目に京都の七口に新関を設けたが、幕府はこれを 「武家自用」(『宣嵐卿記」)に転用し、これによって|F|が収益を得たとさ れる。しかし,近年は,幕府が年貢収益に期待できない分、流通への課税に着 目したその先進性を、積極的に評価する研究者もいる。 一方、このような流通への課税行為に対しては、土一揆が蜂起し、新関の停 廃を求めたが、土一揆のみならず、関銭の徴収を逃れたいのは商工業者も同様 であった。次にあげる史料は、そうした関所の免税・通行特権が認められた早 い事例である。
(花押) 下す。 留守所。
早く、八幡宮大山崎|G|等、交易のため | H | 以下雑物を勘
過し,不破関を往反すべき事。 右,宮寺の訴えたるにより、免除せらるべきなり。早く勘過すべきの状 仰するところ件のごとし。もって下す。 貞応元年十二月 日
(『山城離宮八幡宮文書』)
京都などの大都市やその周辺では、すでに平安時代後期や鎌倉時代から、大 寺社や天皇家に属して営業特権を与えられた商工業者の一群があり、同業者団 体である座を結成した。上記史料で、大山崎 | G|が結成した | H |を扱 う座は、その代表例である。
(a) 空欄 | A |にあてはまる. もっとも適切な語句を答えよ。 (b) 下線部1の背景として、もっとも適切なものを下から一つ選び,記号で 答えよ。
評定衆の合議により,銭貨での納入が奨励されたため。 現地の荘官から領家への賄賂には銭貨が適していたため。
中国から大量の宋銭が流入したため。 の 振売の展開によって,農村で奢侈品への志向が生まれていたため。 (c) 空 | B|・|c |・|D|のどれにもあてはまらない語句はど
れか。下から一つ選び、記号で答えよ。 | 割
問丸 替
借上 (d) 空欄 | E | にあてはまる,もっとも適切な河川名を下から一つ選び、 記号で答えよ。
大堰川 桂川 神崎川 2 淀川 (e) 空欄 | F | は将軍の御台所である。これにあてはまる. もっとも適切
な人名を答えよ。 (f) 空欄|G|にあてはまる. もっとも適切な語句を下から一つ選び,記
号で答えよ。
供御人 9 神人車借g堂來 (g) 空欄 [H]にあてはまる. もっとも適切な語句を漢字1文字で答えよ。
(2) 戦国時代には、遠隔地商業は衰えるどころか、いっそう活発化し,港町や宿
場町が発達した。また, 地方寺社の門前町, 一向宗門徒寺内町、さらには戦 国大名のもとで城下町が形成されるなど、総じて地方都市が成熟する時代と なった。これらの地方都市のなかには,離村した農民たちが日雇い労働の担い 手として流入するなど、自由な気風をもつものもあり,戦国大名北条氏の領国 では、これへの対策として、都市に流入した農民たちを「人返し」させる政策 を打ち出さなければならないほどであった。
遠隔地交易や日明貿易を基盤とした都市のなかには、戦国大名間の対立を利 用するなどしつつ自治組織を結成して,|I|で自由な都市を志向するもの が現れた。なかでも堺は、ガスパルヴィレラ書簡中でヴェニスに例えられ、 また次のように記されていることでも名高い。
日本全国、当堺の町より安全なる所なく、他の諸国において動乱あるも 此の町にはかつてなく、敗者も勝者も,此の町に来住すれば|I| に生活し、諸人相和し、他人に害を加うる者なし。(後略)
(『耶蘇会日本通信)
これらの自治都市の町衆のなかには、江戸時代に入ったのちも、豊富な資金 輸送手段, 貯蔵施設をもつ豪商として活躍した者も多く,摂津|J|郷の末 吉孫左衛門、堺の今井宗薫らが有名である。なかでも孫左衛門の父勘兵衛は、 徳川家康の貨幣政策のもとで伏見に | K 設立の命を受け、一族は | | 郷の代官職に任じられ、さらに朱印船貿易でも巨大な利を得た。また|J 郷は、17世紀後半に、早くも都市民のボランティア的な救飢活動が行われた点 でも先進的である。
一方、平安時代以来の大都市京都でも、戦国時代には町、複数町からなる町 | |. 上京・下京レヴェルの | M | 町の三層からなる自治組織が形成 されるまでになった。ただし京都の場合、自治獲得が,治安維持を名目とした 異分子排除の圧力としても作用した点は、他の自治都市から際立った特質とい わねばなるまい。
その京都で、町衆から豪商へと発展した例としては、室町時代に酒屋・ 「N|が集住していた嵯峨地域の有力商入吉田氏の屋号を苗字の起源とする
0|が著名であり,安南地方との朱印船貿易で利を得、また河川や運河の 開削に尽力した。
(h) 下線部2と同種の政策は、江戸時代の幕政においても取られており,そ の先駆をなすものと見ることができる。そうした政策のうち,寛政の改革 時に取られた政策を何というか。もっとも適切な語句を漢字5文字で答え
(i) 空欄 |I| にあてはまる. もっとも適切な語句を答えよ。 (5) 空欄|J にあてはまる,もっとも適切な地名を答えよ。 (k) 空欄 | K | にあてはまる. もっとも適切な語句を答えよ。 (1) 空欄 | L にあてはまる. もっとも適切な語句を漢字1文字で答えよ。 (m) 空欄 | M | にあてはまる。もっとも適切な語句を漢字1文字で答えよ。 (n) 空間 | N | には金融業者をさす語句が入る。これにあてはまる. もっ
とも適切な語句を答えよ。 (o) 空欄|o|にあてはまる。 もっとも適切な人名を答えよ。

 


I 次の文章(1)・(2)を読み,空欄 | A|~|I| にもっとも適切な語句・人
名・数字(年代は西暦年とする)などを記入し、かつ(a)~(f)の問いに答えよ。 (1) 江戸時代末期、相次いで藩政改革に成功し、藩の力を強化したいわゆる西南
雄藩は、しだいに中央の政局に大きな影響力を与えることとなった。
薩摩藩は, 1862年に藩主 | A|の父島津久光が兵を率いて京都にのぼった。 久光は朝廷を動かし、幕府に公武合体のための改革を要求するべく, 勅使 |B|と共に江戸に下った。幕府はこれを受け入れ、一橋慶喜将軍後見職 に, 松平慶永を|c | に任じるなどの改革を行った。 しかし、その間京都では尊王攘夷路線をとる長州藩が主導権を握り、幕府に 対し,朝廷から発せられた攘夷決行を迫る要求を突き付けた。この勅命を受け て、幕府は1863年5月10日を期に獲裏を決行するよう諸藩に通達したが、実行 したのは下関海峡を通行した外国船を砲撃した長州藩のみだった。
この頃尊攘派志士による外国人殺傷事件も相次ぎ、急進化する尊攘派勢力の 動きを警戒した薩摩藩会津藩らは、同年8月18日に長州藩尊攘派の公卿ら を京都より追放した。これに反発した長州藩は,1864年に藩兵を率いて京都に 進撃したが、薩摩藩会津藩の前に敗れた。幕府勢力は長州藩の罪を問うべく 第一次長州征伐を行い、長州藩は戦わずしてこれに屈した。 「しかし、その後薩摩藩長州藩の距離は急速に縮まっていく。洋式軍備の導 入による改革に取り組んだ両藩は,しだいに幕府を倒し新しい政権を樹立する ことを考えるようになり、ついに | p|年土佐藩出身の坂本龍馬らの仲介を 受け入れ、薩長同盟を結んだ。やがて両藩に対して倒幕の密勅が下され、武力 討幕計画が本格的に動き出した。この間土佐藩士の | E | は、土佐藩主を説 いて、将軍徳川慶喜に自主的な政権奉還を建白していた。慶喜はこれを受け入 れ、大政奉還を朝廷に申し入れたが、それは奇しくも倒幕の密勅と同日のでき ごとであった。
(a) 下線部に関連して, この砲撃に対して、のちに四カ国連合艦隊が下関
を砲撃する事件が発生する。この「四カ国」にあてはまらないものを下か ら一つ選び,記号で答えよ。 イギリス
D ロシア フランス
の オランダ (b) 下線部に関連して, 1860年に江戸で薩摩藩浪士に殺されたオランダ人
は誰か。もっとも適切な人名を下から一つ選び、記号で答えよ。 あ リチャードソン
D ハリス 3 ヒュースケン
& ベルツ (c) 下線部に関連して,この政変の前後には尊攘派志士たちによる挙兵が
相次いだ。1864年水戸藩の藤田小四郎らが挙兵したできごとは何か。 もっとも適切なものを下から一つ選び、記号で答えよ。 桜田門外の変
6 天誅組の変 つ 生野の変
2 天狗党の乱
[2] 明治新政府にとって、政治の仕組みを整えることは重要な課題であった。 1868年3月に公布された五箇条の誓文のなかで、政府は「広ク会議ヲ典シ,方
機公論ニ決スペシ」と述べ、公議公論に基づく政治を行うことを宣言した。こ れを受けて園4月に出された | F においては、太政官に権限を集中させつ つも、そのなかでの三権分立を目指した。立法官とされた | G | は、当初議 定、参与からなる上局と,各府藩県から選出された貢士による下局に分かれて いたが、下局は翌1869年3月には、各藩の代表を集めた | H | へと改組され た。
この間東京を中心とする中央集権国家づくりも進んだ。新政府は、守旧勢力 の多い京都から明治天皇を東京に移住させ、そこを事実上の首都と定めた。ま た。 旧幕府の直轄地は府・県としたが、残された諸藩領についても直接統治に 組み込もうとした。1869年1月4藩の藩主が朝廷に対して版籍を奉還、全国の 藩主がこれにならった。さらに1871年7月には一挙に廃藩置県を断行した。当 初これには相当の抵抗があるものと予測されていたが、意外と混乱は少なく、 旧大名たちは,|I|を罷免されて東京に移住させられ,かわって新政府よ り府知事・県令が派遣された。また、廃藩置県後には官制改革が行われ、太政 官のもとに正院・左院・右院の三院がおかれ、正院のもとに各省がおかれる体 制が整えられた。これによりいわゆる藩閥政府の基礎がほぼ固まったのである。
(d) 下線部のに関連して,こうしたなかで最高教育機関である大学(現在の
東京大学)が最初に東京で設立された。それは何年のことか。もっとも適 切な西暦年を下から一つ選び,記号で答えよ。 あ 1874年
1877年 9 1879年 2 1886年 (e) 下線部に関連して、廃藩置県に際しては万全の準備をすべく3藩の兵
から御親兵が組織された。この3藩にあてはまらない藩はどれか。下から 一つ選び,記号で答えよ。
薩摩藩 長州藩 土佐藩 肥前藩 (f) 下線部に関連して, このとき正院のもとにおかれた八省のうち、現在
も同じ名前の省が一つだけ存在する。もっとも適切な省の名前を答えよ。